カラダのものさしの「ピロリチェック」でピロリ菌の抗体の有無を検査しよう!

カラダのものさしはいつでも自宅で簡単にできる郵送検査キット

カラダのものさしは、自分に合った習慣や対策を正しく選ぶために、身体の状態やタイプを把握できるセルフケアチェックです。郵送検査キットにより、自宅で簡単に実施できます。採尿または採便で検査するため、痛みもなく、いつでも誰でも受けられるのが魅力です。

郵送検査の手順(ピロリチェックの場合)
①自宅で採尿
②ポストに投函
③結果が届く(結果は郵送で届きます)

検査を実施しているのは、名古屋大学発のベンチャー企業。研究データと検査技術に基づき「一人ひとりに合った健康をお届けしたい」という思いから、カラダのものさしが生まれました。

検査できる項目のラインナップも多種多彩です。免疫機能の維持向上につながり生活習慣の改善に役立つ「バリアチェック」や、活性酸素によって身体がどのくらい酸化しているかを調べられる「サビチェック」など、合計11種類の検査キットが揃っています。

これまでに、累計50万人を超える人がカラダのものさしを利用しており、3,000施設を超える医療機関、検診施設、調剤薬局等で採用されています。カラダのものさしによって得られた結果に基づき、生活習慣の見直しや適切な対策を講じる手掛かりになりますよ。

ピロリ菌に感染している可能性をチェック

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)とは、胃のトラブルに繋がる可能性のある菌のこと。胃の粘膜に生息しているらせん型の菌で、日本人の約35%が感染しています。

感染していても自覚症状のない人がほとんどですが、感染状態が長く続くと胃のトラブルを引き起こすことが知られています。自然治癒は稀であるというのも、ピロリ菌感染の特徴です。

自分はピロリ菌に感染している可能性があるのかどうかを、早い段階で調べておきたいですよね?カラダのものさしのピロリチェックでは、尿中にピロリ菌の抗体が含まれているかを調べられます。

結果は約3週間ほどで郵送にて通知。測定結果や判定だけでなく、結果に対するコメントやピロリ菌に関するコラムなども書かれており、自分の身体の今後について詳しく知れるのが嬉しいですね。

ピロリ菌の抗体が検出された場合、ピロリ菌に感染している可能性があるため、医療機関へ受診しましょう。

※注意事項
本検査は、病気の診断を行うものではありません。ピロリ菌の除菌治療中もしくは除菌治療後の判定については、医療機関で実施してください。

まとめ

カラダのものさしのピロリチェックは、尿中にピロリ菌の抗体が含まれているかを調べられます。感染状態が長く続くと胃のトラブルを引き起こすことが知られているため、早めの検査がおすすめです。自宅で簡単にできる検査なので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

株式会社ヘルスケアシステムズ

『カラダのものさし』公式サイトを見る

ピロリ菌検査「ピロリチェック」を見る

ふわっと。編集部のおすすめ記事