唾液検査でむし歯や歯周病を調べる方法

唾液検査という検査をご存知でしょうか。その名の通り、唾液を調べる検査で、調べられる項目は検査の種類によって様々です。唾液は血液の成分に近いため、体の情報についても様々なことを知ることができることから、近年注目されています。

今回は、唾液検査の中でもむし歯や歯周病に関わる数値が測定できる「唾液検査機器シルハ」についてご紹介いたします。

検査のやり方は簡単、お口に水を含み10秒間ゆすぐだけ

① 検査ができる歯科医院を予約する
② 直前の飲食を控えて来院する
③ 水で10秒口をすすいだものを検体として利用します。

以上の操作で、検査を行い約5分で結果がでます。

測定できる項目数は6つ!

こちらの唾液検査で測定できる項目数は6つで、・アンモニア・むし歯菌の活発度・酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質です。

アンモニアという項目は細菌の総数を表したり、主に口腔の清潔度を表します。

酸性度はお口の中の酸性度を表します。お口の中のpHは通常はほぼ中性に近いのですが、むし歯になりやすい方の中にはお口の中が極端に酸性な方もいらっしゃいます。

むし歯に関係する菌を育みやすくなったりすることに関連しており、あまり酸性度が高い場合には胃酸の逆流などを疑う場合もあります。

緩衝能はお口の中を中和するための唾液の力をみるもので、こちらの項目が弱く測定されてくる場合には唾液の量が少なかったり唾液の質が低いことによってむし歯が起きやすい環境になっている可能性があります。

白血球についてはお口や周囲の器官の炎症を表しています。

タンパクの値については炎症や全身の病気の状態などを反映します。

唾液検査によって得られた結果をみて、それぞれの検査を受けた方に合ったむし歯の予防策を考えることができます。

むし歯ができるメカニズム

むし歯ができるメカニズムについては、むし歯に関わる細菌が砂糖などを摂取した際にでる強い酸が歯を溶かすと考えられています。むし歯に関わる細菌が多ければそれだけむし歯のリスクが高まるということになります。また、むし歯菌が酸を出す際には前述のように糖類が必要ですので、食生活・間食の摂り方なども重要です。

むし歯や歯周病の予防に唾液検査をする理由

ヒトは唾液を出すことによって、お口の中の粘膜の免疫機能を調節したり、消化酵素を分泌することによって胃腸での消化吸収をサポートしています。

また、唾液の水分によって食塊(しょっかい)を作ることによって食べ物をスムーズに食道に送りだしたり、歯をきれいにする自浄作用(じじょうさよう)という効果も持ち合わせています。唾液は、むし歯や歯周病の予防だけではなく、日常生活を正常に営むためにも欠かせない大事な機能を担っています。

【参考】
アークレイSillHaトップページ(https://sillha.com/

SillHa紹介ページ(https://sillha.com/column/product_detail

監修者

歯科医師,博士(歯学)口腔内科学専攻

ヘルシーライフデンタルクリニック 院長
手塚 充樹

口の中のデータを全身の観点で解釈する研究を行っている。
口腔内科学、歯周医学、オーソモレキュラー医学(分子栄養医学)、予防歯科学などを組み合わせて検査に力を入れて、再発を低減するための歯科医療やヒトの健康寿命を延ばす歯科医院を提唱している。
診療分野は、口腔外科領域の治療、歯周組織再生療法、歯周外科、インプラント、ダイレクトボンディング、セラミック治療、根管治療など幅広く対応している。

ヘルシーライフデンタルクリニック
住所:〒105-0004 東京都港区新橋1-17-2ダイワロイネットホテル新橋B1F
電話:03-6206-6240
ホームページ:https://healthylife-dental.com/

ふわっと。編集部のおすすめ記事