ランニングスポーツドックで現状を把握してパフォーマンスアップへつなげよう

科学的知見からランニング能力を決定する要因を分析

自粛太り・運動不足などから、生活習慣に取り入れられることが増えたランニング。「もっと長く・速く走りたいのにすぐ疲れてしまう」「的確なアドバイスを受けてマラソンにも挑戦してみたい」、そんな思いを抱く方もいるのではないでしょうか。

そんな方には、ランニングスポーツドックがおすすめ。ランニングスポーツドックは、科学的知見からランニング能力を決定する要因を分析し、自己ベストを切るための課題が分かるサービスです。

体内で利用できる酸素の最大量を示す「最大酸素摂取量」、呼吸が乱れ始めるポイントの「換気性作業閾値」、走りの効率を表す「ランニングエコノミー」を検査。持久走パフォーマンスは、3つの要素で約70%が決定すると言われています。

例えば、ランニングエコノミーを見直すことで、初心者ランナーも燃費の良い走りにつなげられます。また、タイムを縮めるための具体的なトレーニング方法やペース、フルマラソン予測タイムが分かるので、レースに向けて本格的に練習するランナーにもぴったり。ランニングにつながる筋や腱の能力を検査し、一歩踏み込んだアドバイスが受けられます。

対象
・長距離ランナー
・市民ランナー
・実業団ランナー(中学1年生〜)

料金
17,600円(税込)

ランニングスポーツドックの検査内容

身体組成検査
「全身の筋肉・脂肪量」を検査。また、適切な数値を目指すには、どのようなトレーニングや食事をすると良いかが分かります。

筋力検査
ランニングエコノミーの改善や速いペースを維持するために重要な「パワー」を検査。タイムを縮めるために力と速度のどちらを鍛えるべきかが分かり、筋力の左右差も評価できます。

持久力検査
マラソンで最も重要な「最大酸素摂取量」を検査します。ペースの目安となる「換気性作業閾値」や走りの効率を表す「ランニングエコノミー」も評価。レースペースや自分に合ったトレーニング方法、フルマラソンの予測タイムも把握できます。

跳躍力検査
ランニングエコノミーやストライド長と関係する「足のバネの力」を評価。跳躍能力はダッシュのスピードとも関連するため、速いペースでレースを戦う上でも重要と言えます。

ランニングフォーム検査(※スポーツラボ浜松のみでの実施)
モーションキャプチャーシステムで検査したデータから、ランニングフォームを3次元で解析。別途8,800円(税込)で実施可能です。フォームの修正は、ランニングエコノミーの改善につながります。また、走行中の地面反力を検査し、ブレーキ動作の少ない接地ができているかについても調べられますよ。

まとめ

科学的知見から能力を決定する要因を分析できる、ランニングスポーツドック。定期的に検査することで、トレーニングペースやレースペースの見直しができます。効率的な走りを目指したい、現状を把握してさらなる飛躍につなげたいランナーは、試して見る価値ありですよ。

事業者名 株式会社 日本スポーツ科学 / Japan Sports Science Inc.

連絡先
『ランニングスポーツドック』の公式サイトを見る

『ランニングスポーツドック』のお問い合わせフォームはこちら

ふわっと。編集部のおすすめ記事