新しい主食!?ダイエット中にもぴったりなヘルシーでおいしいZENB MEAL

ZENBはおいしさとカラダにいいを一致させた未来の食生活を提案

これまでは捨てられてきた植物の皮・芯・種などを余すところなく使い、資源を効果的に活用するZENB。素材の旨味と栄養を引き出す技術を開発したことで「まるごとがおいしい」を実感できます。

おいしいだけでなく、カラダにいいのもZENBのおすすめポイント。ダイエットや糖質制限で主食を控える方の中には「やっぱりごはんや麺を食べたい」という方も多いのではないでしょうか。無理なカロリーセーブや食事制限は継続しにくいですよね。

ZENBは、より健康になれる主食を作りたいという想いから「新しい主食」の開発をスタート。海外ではポピュラーな食材の黄えんどう豆を用い、ヘルシーで大豆より脂質が少なく、食物繊維や植物性たんぱく質が豊富な商品が完成しました。

また、環境負荷の低減に向けた、地球にやさしい資材の選択もZENBの特徴です。使用済みPETボトルを再利用するメカニカルリサイクルPETを活用し、紙資材を使うことでプラスティック原料を削減。現状で取り組める小さな意識改革を継続しています。

ZENBの魅力

  • 添加物に頼らない味づくり
  • 素材そのものの栄養成分のみで勝負
  • 動物性原料は不使用
  • まるごと野菜原料は担当者が現地に出向き、栽培管理状況などを確認

糖質を抑えたZENB MEALは手軽に作れて栄養もたっぷり

「ガス欠にならないように朝ごはんは抜きたくない」「朝は忙しいから簡単に済ませたい」「ヘルシーかつおいしさにもこだわりたい」。そんな方なら、ZENB MEALがおすすめです。

作り方は簡単。水を入れ、レンジで2.5分チンするだけで栄養たっぷりの朝食を作れます。ただ、ダイエット中の方であれば、気になるのは「どれだけ糖質量を減らせるか?」「たんぱく質は豊富に含まれているか?」という点ですよね。

ZENB MEALは、おにぎりに比べて糖質57%OFF。たんぱく質は2.4倍も含まれ、食物繊維や鉄分も合わせて摂取できます。また、ZENB MEAL自体の味わいがシンプルなため、緑黄色野菜や卵・魚・肉などと合わせやすく、結果的にビタミン・ミネラルなどもたくさん摂れるのが嬉しいところ。

スープや雑炊、置き換えごはんなど、多彩なレシピに活用できるので、飽きずに長く続けられます。例えば、水の量を調節するだけで、さらもち食感のスープに仕上げられたり、とろもち食感のリゾットを作れたり、アレンジが簡単なのも便利ですね。

まとめ

素材の旨味と栄養を引き出す技術を開発したことで「まるごとがおいしい」を実感できる、ZENB MEAL。おにぎりに比べて糖質が57%OFFで、ヘルシーなところも魅力です。ダイエット中もおいしいものを食べたい、新しい主食となりうる食品を探しているという方なら、試してみる価値ありですよ。

事業者名 株式会社 ZENB JAPAN

『ZENB MEAL』公式サイトを見る

ふわっと。編集部のおすすめ記事