チアチョコレートで置き換えダイエット!減量中も甘い物を我慢したくない方におすすめ

チアシードは栄養豊富で腹持ちも良いスーパーフード

チアシードは、南米原産のチアというシソ科の植物の種。一般的な食品より栄養価が高いため、スーパーフードとも称されています。体内で生成できない成分が豊富に含まれており、ミネラル・鉄・食物繊維といった、不足しがちな栄養素が多いのも魅力です。

アメリカでは、栄養補助食品として認定されているチアシード。コレステロール0ながら、たんぱく質やカルシウム、鉄分や8種類の必須アミノ酸など、身体に必要な栄養素を豊富に含んでいます。

数字で見るチアシードの栄養成分

食物繊維:ごぼうの5.5倍
たんぱく質:キアヌの1.4倍
カルシウム:牛乳の6倍
カリウム:りんごの2倍
鉄分:ほうれん草の2倍
コレステロール:0

チアシードの特徴は、水分を吸収しやすいこと。水に浸すと、約10〜12倍に膨らみます。そして、こんにゃくにも含まれるグルコマンナンというゼリー状の成分が種子を覆っており、ぷるぷる食感を楽しめて腹持ちも良くしてくれます。

そのため、ダイエット時の空腹感がつらい、減量中もしっかりと栄養素を補いながら体重を落としたい方にもおすすめです。

ダイエット中もおやつを我慢せず食べられる

チアチョコレートは、1本あたり約35kcal。ぎっしり約1,000粒のチアシードが含まれており、食物繊維が体内で水分を吸収して膨らむため、満腹感が得られて腹持ちも良い食品です。

置き換えダイエットを始めたい方やどうしても間食を我慢できない方、減量中も甘い物・おやつを食べたいといった方にも適しています。

チアチョコレートは、ヘルシーな点に加えて美味しさも魅力。北海道旭川産の黒豆を贅沢にチョコレートに練り込み、南米の原産地で日本人農家さんが栽培したホワイトチアシードを使用しています。そして、とうもろこしのパフをコーティングし、サクサク&プチプチした独特の食感を楽しめるのも特徴です。

乾燥剤を使わず、検査や選別を行い、品質管理を徹底して安全面を重視している点も嬉しいですね。

まとめ

チアシードはスーパーフードと称されるほど栄養価が高く、水分を吸収すると膨らんで腹持ちの良さにも期待できる植物の種。そんなチアシードをぎっしり約1,000粒含んだチアチョコレートは、置き換えダイエットやちょっとした間食にもってこいです。美味しさにもこだわっており、サクサクではじけるプチプチ食感を楽しめます。空腹感に耐えるのが苦手で、甘い物を食べながらポジティブにダイエットしたい方は、ぜひ注目してみてください。

事業者名 株式会社波里

「チアチョコレート」公式サイトを見る

ふわっと。編集部のおすすめ記事