ダイエットにも期待できる適正糖質!「ロカボ」商品でおいしく楽しく続けよう

糖質量を計算しながら商品を選べる「ロカボ」商品

糖質10g以下の油であげないロカボスナックは、一般社団法人 食・楽・健康協会の登録商標である「ロカボ」商品の1つ。ローカーボとは少し異なり「楽しく続けたくなる」がモットーです。一般社団法人 食・楽・健康協会は、極端な糖質抜きではなく、おいしく楽しく適正糖質を取ることを推奨しています。

具体的には、1食で摂取する糖質量を20〜40gに制限。ローカーボは極端な糖質制限も含む概念で、身体に負担をかけ過ぎてしまう場合もあります。対してロカボは、無理なく日常生活に取り入れられることが基本。

「どれを食べてもいい、でも全部減らしなさい」という考え方が今までのカロリー制限でしたが、ロカボでは「どれを食べてもいい、でも工夫をしなさい」と考えています。

ロカボのポイント

①ごはんは半膳
②肉・魚といったおかずはどんどん食べる
③甘みは低糖質甘味料を上手に活用

1食20〜40g、デザートは10g以下、糖質を1日70〜130gに抑えれば、カロリー・脂質・たんぱく質などに制限はありません。

糖質は血糖値を上げる原因となるため、適正な糖質摂取を心がけることで血糖上昇を抑えられます。血糖値が急激に上昇するとインスリンが放出されるのですが、インスリンには脂肪をため込む作用があるため、血糖上昇を抑える適正糖質はダイエットにも期待できますよ。

※なお、誤差の許容範囲については、栄養表示基準(平成15年厚生労働省告示第176号)および栄養表示基準の一部改正(平成25年9月27日)新旧対照表に基づき、±20%(ただし、当該食品100g(清涼飲料水等にあっては、100ml当たり)の糖質量が2.5g未満の場合は±0.5g)を許容範囲といたします。

ダイエット中もカリッとした食感のスナックを楽しめる

糖質10g以下の油であげないロカボスナックは、減量中やボディメイク中でもお菓子を我慢できない方にもってこい。糖質を抑えるためにおからや小麦ふすまを使用しており、その名の通り糖質は10g以下に抑えながら、カリッとした食感を楽しめるのが魅力です。ダイエットを頑張っている方も、罪悪感を感じずに美味しく食べられます。

個包装が7パック入っており、賞味期限は365日と日持ちするため、自宅や職場にストックしておけば、小腹が空いた時にサッと取り出せて便利ですね。「とうもろこし」「えだまめ」と2種類の味が揃っているので、お好みに合わせてチョイスしてみてください。

ダイエット・ボディメイク中も美味しいお菓子を我慢したくない、手軽にサッと間食したい、無理なく適正に糖質を制限したいといった方なら、糖質10g以下の油であげないロカボスナックがおすすめですよ。

事業者名 株式会社シルビア

連絡先
『株式会社シルビア』の公式サイトを見る

『糖質10g以下の油であげないロカボスナック』の購入ページを見る

ふわっと。編集部のおすすめ記事