減量中も罪悪感なく食べられる!おいしさと適正糖質を両立したSUNAOのアイス

SUNAOでからだにやさしいおいしさを

おいしいものは身体に悪い、太りやすいといったイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。「SUNAO(スナオ)」ブランドは、おいしさと適正糖質を両立し、“すべての人が食べることを楽しみ、ココロもカラダもずっと健康でいられる社会”の実現を目指しています。

そして、SUNAOは一般社団法人 食・楽・健康協会の登録商標である「ロカボ」の考え方をベースとしています。ローカーボとは少し異なり「楽しく続けたくなる」がモットーです。一般社団法人 食・楽・健康協会は、極端な糖質抜きではなく、おいしく楽しく適正糖質を取ることを推奨しています。

具体的には、1食20〜40g・デザートは10g以下で、糖質を1日70〜130gに制限。その範囲内に収めれば、カロリー・脂質・たんぱく質などに制限はありません。ローカーボは極端な糖質制限も含む概念で、身体に負担をかけ過ぎてしまう場合もあります。対してロカボは、無理なく日常生活に取り入れられることが基本です。

※なお、誤差の許容範囲については、栄養表示基準(平成15年厚生労働省告示第176号)および栄養表示基準の一部改正(平成25年9月27日)新旧対照表に基づき、±20%(ただし、当該食品100g(清涼飲料水等にあっては、100ml当たり)の糖質量が2.5g未満の場合は±0.5g)を許容範囲といたします。

SUNAOのアイスは糖質を抑えながらコクのある濃厚なおいしさを味わえる

SUNAOのアイスシリーズから、2年ぶりに発売された「バニラソフト」。そして、リニューアルされたSUNAOカップアイスシリーズの 「ストロベリー&ラズベリー」「マカダミア&アーモンド」。

とうもろこし由来などの食物繊維といったこだわり素材を使用し、糖質は10g以下。従来品より糖質量が抑えられていながら、よりコクのある濃厚なおいしさを実現しています。

SUNAO<バニラソフト>
バニラビーンズシード入りで、華やかなバニラが楽しめます。コーン部分は、小麦粉よりもグルテンの少ない全粒粉入りです。

SUNAO<ストロベリー&ラズベリー>
甘酸っぱいベリー×クリーミーなアイスの組み合わせ。コクのあるアイスが、苺とラズベリーのさわやかさを引き立てます。果肉20%増量で、さらに果実感がアップしたのもポイントです。

SUNAO<マカダミア&アーモンド>
香ばしいマカダミアナッツとアーモンド、そして奥深いバニラ風味のアイスの味わいを楽しめます。アイスクリーム規格になり、さらにコクがアップしていますよ。

まとめ

おいしさと適正糖質を両立した、SUNAOのアイスシリーズ。糖質を抑えながら、コクのある濃厚な味わいを堪能できます。ダイエット中も上質なスイーツで満足したい、からだに気を配りながら食べることを楽しみたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

事業者名 江崎グリコ株式会社

SUNAO(スナオ)のブランドサイトを見る

ふわっと。編集部のおすすめ記事