うの花おからクッキーで甘いものを我慢せずダイエットにつなげよう

低カロリーでダイエットのサポートにぴったり

おからは低カロリーでヘルシーな食べ物です。ごはんなら100gで168kcal、食パンなら100gで264kcalのところ、おからは100gで112kcal。同じ量を食べても、おからの方がカロリーを抑えられるため、ダイエットのサポートにぴったりです。

そんなヘルシー素材を使用する『うの花おからクッキー』は、4枚で約76kcal。水分を吸収すると3倍に膨張するため、水や野菜ジュースなどと一緒に摂れば、お腹の中で膨らんで満腹感を得られます。

3食のいずれかをうの花おからクッキーに置き換えれば、無理せずカロリーをセーブできるのが嬉しいですね。調理の必要もないため、食事のたびに作るのが面倒で置き換えダイエットに挫折してしまった方にもおすすめします。

低GIというおからの特徴も痩せたい人への追い風になる!

GI値が低いのも、おからの魅力です。GI値とは、その食品を摂取した後、どれくらいのスピードで血糖値が上昇するかを数値化したもの。値が高ければ高いほど急激に、低いほど緩やかに上昇します。

血糖値が急激に上昇すると、正常に戻すために大量のインスリンが分泌されます。インスリンは血糖値を下げてくれる反面、脂肪をため込みやすい性質もあるため、大量分泌はダイエットの大敵です。そのため、体重を落としたい期間やボディメイク中には、低GI値の食品を積極的に摂るのが理想といえます。

GI値の目安
高:70以上 中:56〜69 低:55以下

白米やパンは高GI、玄米は中GIに分類されます。対して、おからは約35の低GI。血糖値の上昇度合いという点で見ても、うの花おからクッキーはダイエットに重宝するといえますね。

うの花おからクッキーは美味しく食べられて栄養もたっぷり 

いくらダイエットにつながるといっても、パサパサで美味しくなければ長くは続けにくいもの。うの花おからクッキーは味わいも追求しており、スタンダードで飽きにくいプレーン味が特徴です。

また、女性に欠かせないといわれている大豆イソフラボンや、便秘解消に期待できる食物繊維をたっぷり含んでいます。大豆から作られる豆乳はたんぱく質が豊富で、ダイエットにも美容にも嬉しい成分。そして、一般的な食生活で不足しがちな食物繊維を効率よく摂取できます。低カロリーなだけでなく、栄養たっぷりな点も嬉しいですね。

カロリーコントロール中も甘いものを我慢したくない、無理なく美味しく理想の身体に近付きたいという方は、ぜひチェックしてみてください。

事業者名 株式会社エスビーシー
連絡先 『うの花おからクッキー』購入ページを見る

#低カロリー #ヘルシー #満腹感 #置き換えダイエット #低いGI #食物繊維 #大豆イソフラボン #うの花おからクッキー

ふわっと。編集部のおすすめ記事