簡単ダイエットを続けるコツ!無理をしないで毎日続けることが大切

ダイエットを続けることができる3つのコツをご紹介します。難しい内容ではなく、誰でも実践できる内容となっています。この記事に書かれている3つの内容を実践することで今まで挫折していた方でも継続してダイエットに取り組むことができるでしょう。

質問

20代後半の女性です。最近太ってきていることに悩んでいて、ダイエットを考えています。

仕事はデスクワークで、普段から運動不足だと感じていますが、運動は苦手なので、激しい運動はしたくありません。

ヨガやストレッチであればチャレンジしたいのですが、ヨガやストレッチにもダイエット効果はあるのでしょうか。

また、実は過去に何度か、食事制限やジム通いをして減量したことがありますが、いずれも結局リバウンドしてしまいました。そのせいで、太りやすい体質になってしまっている気もしています。

運動が苦手な私でもストレスなく、リバウンドしづらいダイエットのコツがあれば教えてください。また、仕事が忙しくダイエットに時間を費やすことは難しいので、短時間で効果的なダイエットも教えていただきたいです。

回答

効果的なダイエットを行うためには、継続することが大切です。そしてダイエットの時間を確保することが難しい方が継続するためには、日々の生活に気軽に取り入れられる、簡単なダイエット方法であることが続けられる秘訣です。

今回は、誰でも簡単に取り組めるダイエット方法をいくつか紹介します。

まず、1つ目はヨガやストレッチです。直接ダイエットに結びつくわけではありませんが、継続することで基礎代謝の向上が期待でき、脂肪が燃えやすく痩せやすい体を手に入れることができるでしょう。生活の中でヨガやストレッチを気軽に取り入れられるタイミングを紹介します。

・仕事の合間 15分おきに行うとより効果的
同じ姿勢での「座りすぎ」は、疲労を感じる大きな要因です。
椅子に座ったままできるヨガやストレッチもたくさんあります。ここでは、ヨガの鷲のポーズをご紹介します。

1.背筋をピンと伸ばして座る
2.右腕を下、左腕を上にして両腕を前に伸ばす
3.肘を90度に曲げて、左右の掌を合わせる
4.この姿勢のまま5~10呼吸する

このポーズは、肩こりや腰痛の効果だけでなく、凝り固まった筋肉を伸ばすことで、血行が促進され、むくみの解消にも繋がります。時間や場所を考える必要もないので、手軽にでき、午後の仕事も捗るでしょう。

・就寝前のベッドの上
寝たままできるヨガのポーズやストレッチを取り入れましょう。そのまま快眠に繋がる効果も期待できます。また、快眠がダイエットに効果があるとも言われています。ホルモンが働き、痩せやすい体質を手に入れることができるでしょう。

ヨガやストレッチ初心者の方は、YouTubeなどの動画サイトでヨガやストレッチの動画を見ながら一緒に取り組むことをおすすめします。多くの動画が存在するので、飽きずに楽しく継続することができるでしょう。

2つ目は規則正しい生活をすることです。

規則正しい生活習慣は、体内時計を整え、心身共にいい影響を及ぼします。早寝早起きをし、1日3食きちんと食べることを意識しましょう。

良質な睡眠はデトックス効果もあるため、むくみ防止になります。また、摂取カロリーを気にして食事数を減らす方もいますが、空腹な状態で食事をとってしまうと、血糖値の急激な上昇により、逆に太りやすい体質になってしまうこともあります。1日3食食べる方が結果的に痩せやすい体質になるでしょう。

3つ目は、日常生活の運動量を増やすことです。

特別なことをする必要はなく、電車で通勤している場合、1駅手前で降りて1駅分歩いてみるなどといった簡単なことから始めてみましょう。

また、自宅のマンションやオフィス、商業施設などではエレベーターの代わりに階段を使うことを心掛けてみましょう。外出の機会が少ない方は、こまめに家の掃除をするだけでも運動量を増やすことができるのでおすすめです。

ここまで簡単に取り組めるダイエット方法を紹介してきました。
簡単ダイエットを毎日続けられる1番のポイントは習慣にすることです。
無理なく楽しく、太りにくい生活習慣を身につけ、理想のスタイルを目指しましょう。

監修者

葛西香織

ダイエット、美ボディアドバイザー
サマースタイルアワード日本大会優勝
ベストボディジャパン日本大会3位
国民的美魔女コンテストファイナリスト
Instagram 葛西香織 美脚ウォーク&ポージング講師✨SSA公認

ふわっと。編集部のおすすめ記事