有機JASマーク=無農薬は間違い!オーガニックの本当の意味とは?

健康に関心が高くなると「『有機JAS』『無農薬』『オーガニック』って全部一緒の意味なの?」「結局、何が身体に良いの?」「bioやグローバルGAPって何?」など様々な疑問が浮かんでくると思います。

そんな疑問に、和食ライフスタイリスト代表・管理栄養士がお答えしていきます。最後には健康な身体づくりについても解説していますよ。本当の健康体を手に入れて、幸せで充実した毎日を過ごしましょう!

有機JASマーク=無農薬ではないのですか?

はい、有機JASマークは農林水産省で定められている規定で、農薬ゼロという意味ではないです。

また農産物以外に加工食品や畜産物、飼料などにも有機JASマーク規定が定められています。以下では有機農産物を例にとって、なぜ農薬ゼロではないのかを解説します。

有機農産物とは
①種播き又は植え付け前2年以上、禁止されている農薬や化学肥料を使用しない田畑で生産。
②遺伝子組換え由来の種苗を使用しない。
③原則として農薬・化学肥料を使用しないで栽培を行う等、地域環境への負担をできる限り軽減した栽培で生産した食品。
 ※農林水産省 有機農産物の表示概要より抜粋

記載の通り、①には「禁止されている農薬や化学肥料を使用しない」とあります。

また、農林水産省のページにも、「有機農産物は、無農薬・無肥料で栽培しているわけではありませんが、化学的に合成された肥料の使用を避け、限られた農薬を使用することを基本として、自然界の力で生産された食品です。(※農林水産省Q&A有機JASマークがついた野菜は無農薬・無肥料で作られているのですか。より抜粋)」と記載されています。
そのため、有機JASマーク=無農薬ではないのです。

無農薬や有機、オーガニックとはどういう意味ですか?

現在の流通において、さまざまな言葉が使われていますよね。結論からお伝えすると、特別栽培農産物に係る表示ガイドラインによって有機JASマークの認証をされた物だけが「有機○○」「オーガニック○○」の記載が可能とされています。

実は、「無農薬」「減農薬」「無化学肥料」「減化学肥料」の表示は、同ガイドライン上では表示してはいけない事項なのです。

その特別栽培農産物に係る表示ガイドラインができた背景としては、優良誤解を招いてしまう恐れがあるためとされています。

例えば、Aさんの畑は無農薬栽培をしていても隣のBさんの畑で農薬を使っている場合、その農薬がAさんの畑にも散布されて残留農薬として残ってしまう場合もあるのです。

ただ、消費者からすると、無農薬=土壌に残留した農薬や周辺から飛散した農薬を含めて一切の残留農薬を含まない農産物と受け取られているため、制定したと記載されています。

GLOBALGAP認証やBio - siegelなどもあるのですか?

農薬や化学肥料などに詳しくなってくると、GLOBALGAP認証やBio - siegelなども目に付くようになると思います。これらは認定団体が異なっており、それぞれに定められている基準をクリアした場合に、食品が記載可能となるのです。

認証名GLOBALGAP認証Bio - siegel
運営団体非営利団体FoodPLUS(本部:ドイツ)ドイツ連邦消費者保護・食糧・農業省大臣によって導入されたオーガニック認証
管理項目などVersion5の野菜・果樹認証における管理点は 218項目。(食品安全99項目、トレーサビリティ22項目、作業従事者の労働安全と健康28項目、環境(生物多様性を含む)69項目)化学調味料、香料、着色料などが不使用、動物はBIO の肥料や餌で育ててあり、遺伝子組み換え原料の使用は全体の5%以下であること」等が判定基準のひとつ
特徴など世界120カ国以上に普及世界で最も基準が厳しいともいわれるオーガニック認証の1つ
※ただし、日本の流通においては有機JASマークが基本です。

結局、健康のためにどんな商品を選べば良いのでしょうか?

言葉だけを鵜呑みにせず、事実を知って、皆さん自身がよいと思う商品を選ぶのがよいでしょう。選ぶ基準はたくさんあります。例えば、産地、生産者、生産方法、認証マーク、商品、美味しさなどです。

農薬の有無などは、価値観の違いによって賛否両論あります。周りの意見に左右されずに、自分の意志で選べる知識を持つとよいですね。

健康な身体づくりには何が必要ですか?

健康になるためには、食事・運動・睡眠・こころの豊かさが重要です。それぞれ、以下で解説していきます。

その1:食事の質

健康意識が高いと、「便秘で困っているから食物繊維を食べよう!」「貧血気味だから鉄分を摂ろう!」「抗酸化力をあげたいから、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEを摂ろう!」と思われる方も多いと思います。ですが、そのベースは栄養バランスの整った食事です。しっかりと主食・主菜・副菜を揃えた献立を意識しましょう!

その2:運動の質

健康づくりのための身体活動基準2013では、以下表のように年齢によって身体活動(生活活動・運動)の基準が定められています。

年齢身体活動の基準
18〜64歳強度が3メッツ以上の身体活動を23メッツ・時/週行う。具体的には歩行又はそれと同等以上の強度の身体活動を毎日60分以上行う。
65歳以上強度を問わず、身体活動を10メッツ・時/週行う。具体的には横になったままや座ったままにならなければどんな動きでもよいので、身体活動を毎日40分行う。
※厚生労働省|e-ヘルスネット|健康づくりのための身体活動基準2013より

またメッツとは身体活動を表す強度の単位で、以下表のように活動に対する強度が明らかになっています。

メッツ活動
6.8自転車でスーパーに行く
3.3掃除機をかける
2.8いろいろな家事を同時に行う:楽な労力
3.5いろいろな家事を同時に行う:ほどほどの労力
3.5散歩する
3.0犬の散歩
4.0ゆっくり階段をのぼる
5.5アクアビクス
6.0ジョギング(10分未満)+歩行
7.0ジョギング
※改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』より

その3:睡眠の質

ぐっすり眠るための方法として、規則正しい生活・光浴・運動習慣・入浴・カフェインを避ける・就寝前の喫煙を避ける・昼寝をする(15分程度で十分)などが挙げられています。まずは、今の皆さんの生活に取り入れやすい方法から取り入れましょう!

その4:こころの豊かさ

こころのバランスが崩れると、身体の病気にもつながります。逆も同じです。いかに毎日をストレスなく過ごせるかが、こころの豊かさを保つポイントでもあります。

日々多くのストレスを感じている方は特に、いつ・どんな時・誰といる時・何をしている時にストレスを感じるのかを紙に書き出してみましょう。ストレスの原因がわかれば、その原因をどう避けるのかを考えて実行します。すると、次第にストレスを軽減できますよ。

有機JASマークを理解して選べるように!健康な身体は日々の積み重ね

今回の記事では、事実を知って自分で選びたいものを選べるようにしてほしい、という想いで執筆しました。世の中にはさまざまな考え方があります。しかし、周りに流されずに自分で決める意志を持つ方が増えると、ストレスも減り、こころの豊かさにもつながると思います。

健康は日々の積み重ねです。食事・運動・睡眠もしっかりとって、楽しい毎日を過ごしましょう!

監修者

和食ライフスタイリスト代表・
管理栄養士

合田 麻梨恵

和食ライフスタイリスト代表・管理栄養士
大学在学中に10ヵ国程世界各国の料理を食べ歩く中”和食の魅力”に目覚める。大学卒業後、大手コンビニエンスストアの商品開発を経て独立。「和食文化継承と予防医学発展」を掲げ、全国の日本が誇る伝統調味料・だしの造り手方を28軒訪問したり、痩身インストラクターや歯科管理栄養士の現場経験などで研究を重ねる。和食文化を継なぎ、健康キレイをサポートする”和食ライフスタイリスト”講師養成、ライター養成、料理教室主宰、健康コンサルティング、監修~記事執筆まで一貫ほか書籍執筆、メディア出演など。

【参考文献】

・財団法人食品流通構造改善促進機構|有機農産物の表示概要|
https://www.maff.go.jp/j/jas/hyoji/pdf/pamph_d7.pdf

・農林水産省|有機JASマークがついた野菜は無農薬・無肥料で作られているのですか。|
https://www.maff.go.jp/j/heya/sodan/1707/02.html

・農林水産省|特別栽培農産物に係る表示ガイドラインQ&A|
https://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/pdf/tokusai_qa.pdf

・GAP普及推進機構/GLOBALG.A.P.協議会|
https://www.tuvsud.com/ja-jp/services/auditing-and-system-certification/food-safety-management/global-gap

・Ökolandbau.de|
https://www.oekolandbau.de/bio-siegel/

・厚生労働省|e-ヘルスネット|便秘と食習慣|
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-010.html

・厚生労働省|e-ヘルスネット|貧血の予防には、まずは普段の食生活を見直そう|
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-008.html

・厚生労働省|e-ヘルスネット|抗酸化ビタミン|
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-008.html

・厚生労働省|e-ヘルスネット|健康づくりのための身体活動基準2013|
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-01-001.html

・厚生労働省|e-ヘルスネット|メッツ/METs|
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/exercise/ys-004.html

・厚生労働省|e-ヘルスネット|快眠と生活習慣|
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-01-004.html

・厚生労働省|e-ヘルスネット|こころとからだ|
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-05-004.html

ふわっと。編集部のおすすめ記事