生理中のファスティングはダイエットによいの?

「生理中にファスティングしても大丈夫?」「生理中のファスティングってやせにくいって聞いたけど本当?」などファスティングについて気になることありますよね。
この記事では、ファスティングとダイエットの面から、女性のリズムに合わせた正しい方法をお伝えしていきます。なかなかやせないとお悩みの方は必見です!

生理中のファスティングってよくないのですか?

生理中のファスティングはおすすめしません。その理由には3つあります。1つずつ解説しましょう。  

理由1.ホルモン周期により水分をためやすい時期

生理中は女性ホルモンの影響で体内に水分をため込む時期と考えられています。つまり、むくみやすいのです。しかし、ファスティングの目的は老廃物を排泄することです。真逆のことをしてもあまり意味がないですね。

理由2.鉄分不足になりやすい

簡単に言うと生理前から生理中の身体は、血液で赤ちゃんを迎えるためのベッドを作り、排出する働きがあります。そのため、体内から大量の血液が出ていき、この時期の女性の身体は鉄分不足になりやすいです。さらに、ファスティングで鉄分を摂り入れなくなると体調を崩しかねません。

理由3.結果が出にくい

水分をため込みやすかったり、鉄分不足になりやすかったりと、生理中の体調は万全ではありません。この時期のファスティングでダイエットは期待できない、と考えられます。

生理中は、無理してファスティングして結果を出そうとするよりも、食事や運動の維持を意識した方がよさそうです。

もしも生理中のファスティングをやるとしたら

生理中のファスティングは、おすすめしません。もしもやるのであれば、体調や栄養バランスを最優先にしたうえで、あくまで自己責任で行いましょう。生理中にファスティングするメリットはないと思いますよ。

生理中におすすめのダイエット方法を知りたいです

生理中のファスティングでダイエット効果は得られにくいと考えられます。そこで、この時期のダイエットで意識したい運動と食事についてお伝えします。

軽めの運動

ダイエットの基本である運動は、生理中でも無理のない範囲で実施してもよいでしょう。ただし前述のとおり、体調が万全ではない時期です。激しく動いたり、重いものを持ち上げるなど負荷の高い筋トレは避けることが大切です。
普段から運動している方は結果を求めすぎず、維持することを大切にし、よくがんばっている自分をほめてあげましょう。元々運動をしていない方は、生理後から始めるとよいですね。

栄養バランスのよい食事コントロール

極端な食事制限や糖質制限はNGです。生理中でがんばってくれている身体に、必要な栄養を摂り入れてあげましょう。
特に鉄分不足になりやすいです。鉄分をしっかりと摂ることは欠かせません。栄養バランスのよい食事を心掛けて、維持を目指しましょう。

生理前のファスティングは痩せにくいと聞いたのですが、本当ですか?

生理前も生理中と同様に、女性ホルモンの影響で体内に水分や栄養をため込みやすいと考えられています。また、食欲が増進する時期とも考えられています。そのため、生理前の ファスティングでもダイエット効果を期待するのは難しいでしょう。

生理後のファスティングはダイエット向きと聞いたのですが、本当ですか?

生理後は体内に水分をため込む時期が終わり、むくみが取れます。さらに、心身ともに安定する時期です。イライラも少なく、体調もよくなります。よって、生理後のファスティングはダイエット向きと言えそうですね。

そもそもファスティングって痩せるのでしょうか?

ファスティングは正しい方法で実施すると痩せる効果が期待できます。しかし、間違ったやり方だと体調を崩したり、逆に痩せにくい身体になってしまう可能性もあります。
今回は痩せるために抑えておくべき正しい方法をお伝えします。

ファスティングの正しいやり方

1.準備期:体内の糖を減らす
腸内環境を整えることが重要です。準備期には、腸内細菌が苦手と考えられている糖質の摂取は控えめにしましょう。また、動物性タンパク質、揚げ物、スイーツも控えた方がよいです。
代わりに、腸内細菌が喜ぶと考えられている発酵食品やオリゴ糖、食物繊維などを摂るとよいですね。ファスティング期間に備えましょう。

2.ファスティング期間:液体のみ摂取する
ファスティング期間中は、発酵ドリンクやスムージーなどの液体だけを摂ります。なぜなら身体が老廃物を排泄するためにがんばってくれているためです。激しい運動は控えましょう。
深呼吸したり、湯船に浸かったりするなど、ファスティング効果を高めてくれる行動をするとよいです。

3.回復期:ゆっくりと胃の負担がないものを
ファスティングで生まれ変わった腸に、添加物を入れるのは控えたいですね。無添加のもの、野菜、雑穀米、腸内細菌が喜ぶ発酵食品やオリゴ糖、食物繊維などを摂りましょう。

生理中のファスティングは避けて、別の方法でダイエットを!

生理中のファスティングは、水分をため込みやすく、鉄分不足になりやすく、結果が出にくいです。また、イライラする時期でもあります。生理中は、無理にファスティングをして結果を出そうとしなくてもよいのではないでしょうか。
栄養バランスのよい食事や、無理のない範囲での運動の維持を意識した生活を送りましょう。そして、維持できている自分をめいっぱいほめてあげてください。

監修者

町田 一葉

▼保有資格:管理栄養士、栄養教諭、和食ライフスタイリスト
▼経歴:近畿大学農学部食品栄養学科卒業、大手食品メーカー開発5年、介護食メーカー開発4年
管理栄養士の資格を生かし、メーカーで開発業務に携わって約9年。今年、妊娠出産を経験し、現在0歳児の子育てを毎日楽しんでいます。子育てをしながら様々な新しいことに挑戦し、エステティシャンとしても活動中です!

【参考文献】

  • 医療法人東横会 心療内科 精神科 たわらクリニック | 月経前症候群|
    tawara-clinic.com
  • 厚生労働省研究班監修|女性の健康推進室 ヘルスケアラボ|みんな悩んでる月経のトラブル |
    w-health.jp
  • クラシエ|コッコポア|脂肪燃焼コラム|知っておきたい ホルモンバランスと女性のからだについて|
    kracie.co.jp
ふわっと。編集部のおすすめ記事