太もも痩せや肩こりにも!椅子に座ったままできるフォームローラー使い方3つ
教えてくれたウェルネスプロ

ビューティープランナー

野村純子さん

近年話題となった「フォームローラー」(通称マッサージローラー、ストレッチローラー)は、筋膜をしなやかに保つエクササイズとマッサージが両方できることから、身体のコリや皮下脂肪対策につながるというスグレモノ。
普段からストレッチをしている人にとっては、ほどよい刺激でイタ気持ちいいのですが、「買ってみたものの使えない」、「思ったより痛い」という声もあります。
そこで今回はエステティシャンでもある筆者が、デスクワークの合間でもOKな、椅子に座ったままできるフォームローラーの使い方を3つご紹介します。

1:冷えやすい人は足裏からスタート

フォームローラーの使い方を見ると、横になって行うスタイルが多く、それなりのスペースが必要ですよね。これでは日常になじまず、続かない人もいるかもしれません。

今回は椅子に座ったまま行うので、ヨガマットも着替えも不要です。

(1)靴やスリッパを脱いで、青竹踏みのように軽く足踏みしてみましょう。動きのなかったふくらはぎに血流が回り始めるはず。

(2)次に、ローラーに足裏をしっかりと密着させて、ゴロゴロ前後させます。足指を伸ばしたり、土踏まずや小指側の側面を意識したり、足首の角度を変えることで様々な面を刺激することができます。5分ほど続けていると、エアコンで冷えた足先がポカポカしてきますよ。

足先でローラーだけ転がっていても意味がないので、足裏に凸凹を感じながらゆっくり行いましょう。

2:むくみと皮下脂肪の太ももほぐし

ヒップと大腿部背面には大きな筋肉や主要な血管も通っているにもかかわらず、椅子に座った状態では、1日中押しつぶされていることになります。これではむくんだり、皮下脂肪がつきやすくなるのは無理もありません。

椅子に腰かけ、ひざの下辺りにローラーを入れましょう。べったりと押しつぶされていた大腿部背面に空間ができます。

足先をぶらぶらエクササイズさせたり、ローラーの位置を少しずつずらしては、太ももで交互に足踏み運動するようにしてみましょう。
自分の脚の重みが負荷となり、マッサージとエクササイズができますよ。

3:肩こりさんのためのマッサージ

パソコン作業をしていると自然と前傾になってしまう上半身の姿勢。知らないうちに疲れも溜まってくるものです。

ローラーをタテ方向にして、椅子の背もたれと背中ではさみます。背中を左右に動かすことでローラーをゴロゴロ押しつぶすようにマッサージ&ストレッチ!

自分の体重を預けるほど、気持ちいい刺激となります。
この時あまりふかふかのソファだとやりづらいかもしれません。

このローラーは1000円前後で購入できます。バイブレーション機能や低周波機能のついた高額なものもありますが、せっかく買ってもライフスタイルになじまなければ意味がなくなってしまいます。

デスクの下に常備しておけば、作業しながらでもできてしまいますし、日常的なストレッチ&マッサージが皮下脂肪対策には重要なポイントです。
今日からあなたも作業の合間のリフレッシュに役立ててみてはいかがでしょうか。

教えてくれたウェルネスプロ

ビューティープランナー
野村純子さん

エステティシャン歴25年、美容専門学校教員歴10年。
愛知県尾張旭市内でアロマ&エステSalon de Shunaを運営し、美顔や痩身のエステを提供したり、美容専門スクールなどでエステティシャンを養成、Webライターとしても活動しています。
皆さまの心と身体はもちろん、ライフスタイルに寄り添いながらアドバイスを行っています。

◆Instagram
@esthe_shuna
◆HPリンク
https://shuna.business.site
◆ブログ
https://ameblo.jp/salon-shuna
◆YouTubeチャンネル「美肌専門学校」
https://www.youtube.com/channel/UCC9QLeXHPHNFVXhk0FvGHOg

資格:日本エステティック業協会認定講師、インターナショナルエステティシャン、日本化粧品検定1級、アロマテラピーインストラクター

ふわっと。編集部のおすすめ記事