今年の鍋はカルディの「万能調味料」3つでちょいアレンジ
教えてくれたウェルネスプロ

ビューティープランナー

野村純子さん

そろそろあったかい鍋料理が恋しくなる季節ですね。飲食店情報サイト「ぐるなび」の発表によると、2022年のトレンドキーワードは「平成リバイバル鍋」だそうです。
キムチ鍋やもつ鍋など、平成時代に一世を風靡した鍋料理を令和流にアレンジするのだとか。
要は、もはや定番となった鍋メニューをちょっぴり新感覚で食べよう!と解釈し、今回はヘルシーで飽きの来ない「ちょいアレンジ」をカルディの人気調味料で叶えてみましょう。

ダイエッターさんにおすすめの「腹持ちポイント」は?

具材はできるだけ大きめにカットして、よく噛むことをおすすめします。
一例として、キャベツ等の葉もの野菜、ごぼうなどの根菜、ニンジンや小松菜などの緑黄色野菜、しらたきやきのこなどのカロリーほぼナシ具材、肉やとうふなどのタンパク質をベースに、グループごとにバランスよく食べましょう。

発酵食品のキムチやチーズは、有益な菌が死滅してしまうので、高温でグツグツ煮立てないようにサッといただくのがいいですよ。

KALDI「青いにんにく辣油 青唐辛子」405円(税込)

それではちょいアレンジにぴったりの調味料をご紹介します。
カルディオリジナル、にんにくをガツンと使いたい時の万能調味料です。 にんにくの他に、ごま、わさび菜などが入って後味がまろやか。青唐辛子と書いてありますが、小学生でも食べられるほど辛みはなく、和洋中なんにでもマッチするので重宝しますよ。

鍋の中に入れて煮込むより、つけダレに加えて味変するのにおすすめ。翌朝の匂いを気にして食べられない人と、ガッツリ食べたい人とで分けられますしね。使い回しの利くにんにく調味料です。

KALDI「ハリッサ」 415円(税込)

2品目はピリ辛好きさんにはぜひ試して欲しい、唐辛子ベースの万能調味料。
パプリカ、赤唐辛子、コリアンダー、クミン、ガーリック、等が入っており、もともと地中海料理の調味料ですが、日本人の好みに合う味わいとなっています。
辛みとスパイシーさが特徴的で、鍋スープやワインのおつまみ、野菜のディップにも使えます。

テレビ番組で紹介されたのを機に、人気が爆発的に上昇し、一時はお目にかかれませんでしたが現在は安定的に店頭に並んでいますよ。

KALDI「いぶりがっこタルタルソース」429円(税込)

秋田名物、いぶりがっこがたっぷり入ったタルタルソースです。大根をいぶして米ぬかに漬けてあるので、ほんのり薫製の香り。

いぶりがっこ単体ではちょっぴり苦手と言う人でも、このタルタルソースはファンが多く、焼き鳥に添えればスモークチキンのような旨味に変身します。
肉メインでも魚メインでも使い回してみてくださいね。

いかがでしたか?食べないという選択よりも、食べたら動くことを忘れずに。皆さんもお気に入りのちょい足し調味料を見つけてみてくださいね。

教えてくれたウェルネスプロ

ビューティープランナー
野村純子さん

エステティシャン歴25年、美容専門学校教員歴10年。
愛知県尾張旭市内でアロマ&エステSalon de Shunaを運営し、美顔や痩身のエステを提供したり、美容専門スクールなどでエステティシャンを養成、Webライターとしても活動しています。
皆さまの心と身体はもちろん、ライフスタイルに寄り添いながらアドバイスを行っています。

◆Instagram
@esthe_shuna
◆HPリンク
https://shuna.business.site
◆ブログ
https://ameblo.jp/salon-shuna
◆YouTubeチャンネル「美肌専門学校」
https://www.youtube.com/channel/UCC9QLeXHPHNFVXhk0FvGHOg

資格:日本エステティック業協会認定講師、インターナショナルエステティシャン、日本化粧品検定1級、アロマテラピーインストラクター

ふわっと。編集部のおすすめ記事