1年で一番老け見えするかも!? 秋に起きやすい『ゆらぎ肌』の対策
教えてくれたウェルネスプロ

ビューティープランナー

野村純子さん

10月になりましたが、汗ばむ陽気と朝夕の冷え込みに身体やお肌が疲れぎみではありませんか?秋は過ごしやすい気候のはずなのに、「いつもの化粧水がしみる」、「目の周りがかゆい」など、お肌のコンディションに関する相談をよく受けています。
今回は『秋のゆらぎ肌』をピックアップし、予防策を考えましょう。

ゆらぎ肌の原因は? 

夏の日焼けダメージの名残りでくすみ、シミ、乾燥、シワができ、1年で一番老けやすい季節とも言われます。さらに季節の変わり目ならではの、お手入れや体調管理が難しい時期ですね。

一例として考えられるのは、、、

  • 化粧水だけで済ませていたので、急激な秋の乾燥に追いつけない
  • 乾燥肌が進んで、いつもの化粧水がしみたり、かゆみを感じるようになった
  • 紫外線ダメージにより皮膚の生まれ変わりが滞り、回復が鈍くなった
  • ざらつき解消のためにピーリングしすぎて、肌のバリアが低下した
  • 夏バテならぬ秋バテで、体調がそもそもすぐれない
  • 秋の花粉やダニなどのアレルギー、もともとのアトピー性皮膚炎が悪化

夏の「うっかり」に加えて、気候や花粉といった外的要因も見逃せませんね。

1:たっぷり保湿と角質ケア

「夏はササッと化粧水だけ」で済ませてきた人はまさに要注意。蒸し暑い夏に比べ、湿度は低く、外気が乾燥すればお肌もまた同じ。
たっぷりの化粧水と、その上から美容クリームなどの油分でコーティング。どんなトレンドのコスメを使っても構いませんが、基本のお手入れ方法は変わりません。

痛みやかゆみがなく、ただざらつきが気になるだけなら、角質ふきとり化粧水やマイルドなピーリング剤で角質ケアをしてもよいでしょう。
ピーリングは短期集中的に行うのではなく、2~3週間に一度、熟した桃の皮を扱うようなイメージでスキンケアしていきましょう。

2:ゆらぎ肌に紫外線は大敵

夏に日焼けしてしまった人はもちろん、お肌のコンディションが良くない時にさらなるダメージを与えないようにしましょう。
涼しくなってくるにつれて「日焼け止め、塗るほどじゃないよね」なんて思っていませんか?日照時間は徐々に短くなるとはいえ、日の出から日の入りまでの時間は紫外線は出ています。
特に秋晴れの日は大気が澄んでいるので、レジャー日和の紫外線にはくれぐれもご注意を!
屋外で活動するならSPF30以上、PA+++の日焼け止めをおすすめします。ゆらぎ肌には「紫外線吸収剤フリー」、「アルコールフリー」など、低刺激性の日焼け止めだと安心ですね。

いかがでしたか?「毎年この時期は敏感肌」とあきらめかけていた人も、ちょっと意識しなおすだけで改善されることがあります。もっと寒くなると血流も滞りやすいので、冬になる前に美肌を整えておきたいですね。
シンプルで紫外線予防もできるコスメ(参照記事)↓の紹介もしていますので、美肌キープのヒントになれば幸いです。

*参照記事「30代の肌色や質感コントロールに!無印良品コスメ3選」

教えてくれたウェルネスプロ

ビューティープランナー
野村純子さん

エステティシャン歴25年、美容専門学校教員歴10年。
愛知県尾張旭市内でアロマ&エステSalon de Shunaを運営し、美顔や痩身のエステを提供したり、美容専門スクールなどでエステティシャンを養成、Webライターとしても活動しています。
皆さまの心と身体はもちろん、ライフスタイルに寄り添いながらアドバイスを行っています。

◆Instagram
@esthe_shuna
◆HPリンク
https://shuna.business.site
◆ブログ
https://ameblo.jp/salon-shuna
◆YouTubeチャンネル「美肌専門学校」
https://www.youtube.com/channel/UCC9QLeXHPHNFVXhk0FvGHOg

資格:日本エステティック業協会認定講師、インターナショナルエステティシャン、日本化粧品検定1級、アロマテラピーインストラクター

ふわっと。編集部のおすすめ記事