本当に浸み込んでる?プチプラ美顔器の上手な使い方
教えてくれたウェルネスプロ

ビューティープランナー

野村純子さん

お肌のエイジングが気になりだすと、「スペシャルケアでもしてみようかな?」と美顔器を検索することもあるのではないでしょうか。
今回はエステティシャンでもある筆者が、お手軽ハンディタイプ美顔器の機能性についてまとめます。

■機能1:超音波マッサージ

バイブレーションと異なり微細な超音波なので、肌に振動を感じることはほぼありません。必ずお肌にジェル状化粧品を塗布し、ゆっくりとすべらせます。
皮膚を引っ張ったり、無理な圧力をかけることなく血流やリンパの流れを促すことができるので、むくみやすい人にとってはフェイスラインがスッキリ!

クチコミなどを見ますと「リフトアップした」といった感想も見かけます。例えば口元のほうれい線なら、頬からの皮下脂肪やむくみが下がってきて「段」に見えていることが多いので、むくみが改善すれば「ほうれい線が薄くなった」、すなわち「リフトアップした」と実感できるでしょう。

■機能2:イオン導入

プラスとマイナスの電極が引きあったり、反発しあう力を利用して、美容液成分をお肌の深部に浸透させるしくみ。ふだん手で塗るよりも効率よくお肌に取り込まれ、刺激感やリスクもほとんどなく人気です。

「効果のほどは?」というと、使用した美容液によるところが大きいでしょう。

お肌の深部といっても、使用するのが医薬品ではなく化粧品であるかぎり、守備範囲としては角質層までなので、「真皮までコラーゲンを」というのは難しいと思われます。ですが、真皮を健やかに保つためには表面の角質層がカピカピに乾燥していては元も子もありませんよね。

本来はジェル状や乳液状など何でもいいわけではなく、「イオン導入に使える」というコスメを選ぶのが賢明です。難しい話は省略しますが、プラスとマイナスの区別なく「どんな化粧品にも使えるイオン導入機」があるとすれば、筆者なら構造的に納得いくものかどうかをよく判断するでしょう。

■機能3:低周波(EMS)

周波数の低い電流をお肌に当てて、衰えた筋肉を刺激します。軽くリズミカルな刺激からグイグイと揉みこまれているような刺激もあり、強弱も調整できるはず。
いわゆる「腹筋ベルト」と同じで、筋肉が動かされる感覚が味わえますが、一度や二度の使用で劇的に痩せたり小顔になれるものではありません。

肌が乾燥していたり表面に油分が残っていると電気刺激が伝わりにくいため、メイクを落としてよく洗ったお肌に使います。

■価格と性能について

通販サイトで数千円から数万円、「しまむら」ではなんと999円!価格帯で迷ってしまいますが「単一機能、海外製、電池式」であればお値打ちではないでしょうか。

安定した電力と耐久性を重視するなら、それなりのバッテリーが必要となり、サロン業務用のように高額で大型になるかも。

ハンディ美顔器は、持ち運びの便利さと「手ではできないケアができる」のがメリット。即効性よりもこまめに続けてキレイをキープしましょう。

教えてくれたウェルネスプロ

ビューティープランナー
野村純子さん

エステティシャン歴25年、美容専門学校教員歴10年。
愛知県尾張旭市内でアロマ&エステSalon de Shunaを運営し、美顔や痩身のエステを提供したり、美容専門スクールなどでエステティシャンを養成、Webライターとしても活動しています。
皆さまの心と身体はもちろん、ライフスタイルに寄り添いながらアドバイスを行っています。

◆Instagram
@esthe_shuna
◆HPリンク
https://shuna.business.site
◆ブログ
https://ameblo.jp/salon-shuna
◆YouTubeチャンネル「美肌専門学校」
https://www.youtube.com/channel/UCC9QLeXHPHNFVXhk0FvGHOg

資格:日本エステティック業協会認定講師、インターナショナルエステティシャン、日本化粧品検定1級、アロマテラピーインストラクター

ふわっと。編集部のおすすめ記事