デリケートゾーンの脱毛の選択!プロによるVIO処理のメリット・デメリットと方法!
教えてくれたウェルネスプロ

ダイエットエキスパート

和田清香さん

デリケートゾーン《VIO脱毛》

1.知っておきたい、自宅でキレイ&安全にセルフVIO処理する方法!

2.デリケートゾーンの脱毛の選択!プロによるVIO処理のメリット・デメリットと方法!
↑今回はここ

3.VIOの整え方、人気の形5選をボディケアのプロが教えてくれます!

4.ボディケアのプロがおすすめ!デリケートゾーンのフェムケアアイテム4選

VIO処理をプロに任せるメリットとデメリット

前回は、VIOを自己処理する方法を紹介しましたが、VIOはデリケートな部分であると同時に他の部位に比べて処理難易度が高く、さらに、少し生えてきただけでも不快に感じやすい部位なのも事実です。

そこで今回は、プロにお任せするうえでのメリット・デメリット、そして、VIOを安全かつきれいに処理できるプロによる方法の種類を紹介していきたいと思います。

プロにお任せするメリット

・デリケートな部位を傷つける心配がない

自己処理だと、処理中に手が滑って皮膚や粘膜を傷付けてしまう可能性があり、場合によっては病院での治療が必要になることも。美容サロンや医療機関でプロにお任せすれば、衛生的な空間と機械で処理を行うので、傷付けてしまう危険性や心配はほぼありません。

・自己処理が難しい部分もキレイに

自己処理ではお手入れしきれない、やりすぎてしまう、きれいに整えられない…といった可能性があります。プロにお任せすれば、希望する範囲をきれいにお手入れすることが可能です。

・手間や時間の負担が減る

VIOの自己処理は、なかなか手間と時間がかかるものです。その点プロにお任せすれば、1か月半~2か月に1度に頻度の施術で、およそ1~2年で完了(毛の太さや量にもよる)。また、ただベッドに横になっているだけで、希望通りのラインに仕上げてもらえるのも魅力です。

プロにお任せするデメリット

・経済的な負担

美容サロンや医療機関によって金額に違いはありますが、自己処理に比べると経済的な負担がかかるのは事実です。プロにお任せする場合は、事前にしっかり相談・カウンセリングを行いましょう。

・痛みによるストレス

特にVIOは皮膚がデリケートで薄いため、他の部位に比べて痛みを強く感じやすく、人によっては痛みが原因で脱毛が完了するまで通うことができず途中でやめてしまうことも。痛みに弱い場合は、脱毛する前に麻酔をしてもらえるかどうか確認しておくと良いでしょう。

・予約トラブル

予約が取りにくい、急な用事や体調変化などで予約をキャンセルしたくてもできない等のトラブルがある可能性も。予約事情なども事前にしっかり聞いては把握しておくことが必要です。

プロによるVIO処理方法の種類

以下では、プロにお任せする処理方法の種類を紹介します。

医療機関によるVIO脱毛処理

医療レーザーで行う脱毛処理は、毛が濃い人ほど効果的です。医療脱毛は痛みが強いですが、麻酔を用意してくれている場合がほとんどなので、我慢せずに相談することも可能。通う回数の少なさ、効果の期待値が高いのがメリットです。

美容サロンによるVIO脱毛処理

医療脱毛に比べて痛みが少ないため痛みに弱い人にはおすすめです。ただ、美容サロンでの脱毛は永久脱毛ではなく一時的な抑毛・制毛なので通い続けなければいけないことがデメリットとなります。

美容サロンによるVIOブラジリアン処理

ブラジリアンワックス処理は、根元からなくなるためチクチクしないのが特徴。さらに毛が生えてくるまでに時間がかかるため、夏場だけでも処理したい!といった場合はおすすめです。ただ、ブラジリアンワックスの原理は毛抜きと同じなので、埋没毛や毛嚢炎のリスクもある事を知っておきましょう。

自己処理するorプロにお任せする際のメリット・デメリットをよく検討してから実施することが大切です。

教えてくれたウェルネスプロ

ダイエットエキスパート
和田清香さん

〈プロフィール〉
NYで学んだボディケア術、350種類以上のダイエット法を体験して15kgのダイエットに成功した経験、さらには認定栄養学&健康促進コンサルの資格にもとづく知識と分析力から、信頼できる「健康的なダイエット情報」を様々なメディアを通して発信、著書も多数。

HP:https://www.kiyokawada.com/
ポッドキャスト:https://www.kiyokawada.com/podcast

<資格>
∙    2016年:AFPA Wellness & Nutrition Consultant
∙    2008年:FTP マットピラティスベーシックインストラクター
∙    1997年:NY & NJ State Esthetics License

ふわっと。編集部のおすすめ記事