試合に必要・サーブ【UNNO STRAWBERRY TENNIS】

サーブは試合をする上で一番最初に打つショットとなります。そのため、これが入らないと試合を開始することができませんので高確率であることが求められます。

今回は一番簡単なサーブの打ち方を説明します。

まず持ち方はフォアハンドのように持ってもらうと簡単です。

ですがサーブに慣れてきたらだんだんと持ち方を変えていきましょう。それはショットのバリエーションや威力を出すためです。

あとは自分でボールを上に投げて打つだけ。

最初は近いところからだんだん遠くにしていくと距離感がわかり加減できると思います。

テニスのサーブは斜めの四角を狙って打ちます。これによって試合をすることが可能になりますね。

最初にも言った通り、これが入らないと試合をすることができないのでまずは確率重視でやってみてください。


柴山 哲也

UNNO STRAWBERRY TENNIS

静岡県静岡市駿河区


ふわっと。編集部のおすすめ記事