我が子の気持ちが理解できない?子供の「無視」に隠された心理

「注意してもやめない」
「悪いと分かっていても行動に移す」
「他の子が嫌がっているのにやめない」

子どもは愛情不足を感じたり、寂しい気持ちになると「試し行動」をとる場合があります。

今回は、試し行動を行う子どもの心理について紹介していきます。考え方や対処方法にも触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

試し行動を繰り返すのは子どもの心理

試し行動とは、親を困らせるために悪いと思っている行動をわざととることです。振り向いて欲しいという気持ちから試し行動をとる子どもが多く、その子なりのSOS信号ともいえます。

代表的な試し行動の事例を4つ紹介するので、それぞれ順番に見ていきましょう。

  • 嘘をつく心理
  • 同じことを繰り返す心理
  • 聞こえないふり心理
  • 暴れたりものを壊す心理

子どもの試し行動①嘘をつく心理

嘘は代表的な試し行動の一つです。失敗を隠したい気持ちや、親の関心を得たい気持ちの現れだと考えられ、頻度が多いと注意が必要です。

子どもが嘘をついた際は、厳しく怒るのではなく「なぜ嘘をついたのか」「どうして欲しいか」を優しく語りかけるようにしましょう。

子どもの試し行動②同じことを繰り返す心理

注意しても同じことを繰り返すのは、親から関心を得たい場合に行う試し行動です。悪いと思っていても、構ってほしくて行動しつづけます。

親からすると注意しても止めてくれないので対応に困ってしまいますが、子どもに対して目を配る量が不足している状態のため、コミュニケーション量を増やしてみてください。

子どもの試し行動③聞こえないふりをする心理

聞こえないふりは、自我が芽生えて自分で行動したい時や、親が自分の話を聞いてくれない時に取る行動です。

イライラして怒ってしまうと、子どもは心を閉ざしてしまうので、聞こえないふりをされても怒るのではなく優しく語りかけてください。

子どもの試し行動④暴れたりものを壊す心理

暴れたり、ものを壊したりするのは、自分の意思が叶わず、感情が爆発した時に起こる行動です。暴れている時は、叱るのではなく「なぜ暴れているのか」を考えましょう。そして、子どもが落ち着いたら「暴れた理由」について話をしてみてください。

自分の意見が叶わないことが原因の場合、普段子どもの気持ちを抑え込んでいないか振り返ってみましょう。

子どもの試し行動は成長の証

子どもの試し行動は、成長の証です。善悪の判断がつき始める2〜3歳頃は試し行動も多くなりがちですが、それだけ成長している証拠。

人として成長していけば当然頭もよくなり、子どもながら駆け引きをするようになるため、ある程度の行動は成長と捉えて、大目に見てあげましょう。

子どもの行動からメッセージを受け取ろう

子どもの行動にはメッセージが込められています。それに対して、悪い行為だからと怒るだけでは子どもとの溝はさらに深まってしまいます。

試し行動をしたら、子どもから発せられるメッセージだと思って対処しましょう。

子どもの行動への対処

子どもが試し行動をしたら以下の3つの対処をしてみてください。

  • スキンシップをとる
  • 子どもを愛している(好きだよ)と伝える
  • 良い悪いをしっかりと説明する

まずは、しっかりと子どもとスキンシップをとりましょう。子どもは愛情不足や寂しい気持ちを紛らわせるために試し行動とります。寂しい思いをさせないためには、子どもと密なスキンシップが大切です。

そして、心から愛している気持ちを伝えましょう。試し行動をする子どもは、親の関心不足を敏感に察知し、「愛されてない」と不安がっています。この気持ちを解消するには、子どもに言葉で伝えるのが最良です。

最後に、良い悪いをしっかり説明するのも重要です。嘘をついたり暴れてものを壊したりするのは、やってはいけない行動だと説明しましょう。子どもとのスキンシップや愛している気持ちを伝えたうえで説明すると効果的です。

以上3つのステップを押さえて行動に対処すれば、自然と問題行動は少なくなっていくでしょう。

子どもの行動から心理を読もう

親からの関心や愛情が足りない、寂しいと感じると子どもは試し行動をとる場合があります。試し行動は、決して悪い行為ではなくそれだけ成長している証といえます。無理に怒るのではなく、子どもからのSOSだと思って、今まで以上にスキンシップを図ってみてください。

監修者

松本 園美

保有資格:看護師・メンタル心理カウンセラー

経歴:看護師資格取得後、介護や身体障害者のケアに興味を持ち、老人ホームに勤務する。
勤務中に東日本大震災で被災者となるが、被災地で施設を津波で流されてしまい  受け入れ先が無い高齢者やその家族の相談業務を経てから、カウンセラーの資格を取得する。
現在は、保育園看護師として勤務している。主に健康相談や子供の健康管理の対応をしている。
又、女性の転職や恋愛の悩みについて、SNSで相談と助言を行っている。

ふわっと。編集部のおすすめ記事