大事な人から「ひとりになりたい」と言われたときのポイント4つ

大事な人から「ひとりになりたい」と言われることもあるかもしれません。
家族や彼氏、友人が疲れてしまっている時はどうしたらいいか、ひとりになりたいと言われた時のポイントを4つ提案します。大事な人とギクシャクしないためにも、参考にしてみてください。

1:連絡が来るまで待つ

相手からの連絡が来るまで待つほうがいいでしょう。
「私のことが嫌いになったの?何か問題があるの?」と焦って問い詰めてしまいそうですが、相手も忙しくて疲れている可能性もあります。自分にひとりの時間が必要なように、相手にもリラックスして過ごす時間は必要です。
「ひとりにして」と言われたら無理に連絡を取らず、そっと見守るようにしましょう。

2:自分の時間に集中する

相手のことを考えて思い悩むより、自分の時間に集中しましょう。
「ひとりになりたい」と言われてしまったら、どうしてもいろいろと想像してしまい、その結果自分が疲れているということになりかねません。
仕事や趣味に時間を割いていれば、思い悩む時間もなくなります。自分が元気でいるためにも、時間を有意義に使いましょう。

3:感謝の気持ちを伝える

大事な相手に感謝の気持ちを伝えるのも大事です。
「いつも遅くまでお仕事ご苦労様」「会うたびに楽しませてくれてありがとう」など、感謝や労いの言葉を伝えることで、相手を少しでもリラックスさせられるでしょう。
感謝の気持ちを伝えた後はしつこく連絡せず、相手の「ひとりになりたい」気持ちを無視しないように注意しましょう。

4:VIP待遇してあげる

どうしても放っておけない…という場合は、VIP待遇してあげるという手もあります。

家族や同棲相手だと、居住空間が同じなので放っておくといっても限界があります。
相手が何かしらの作業で大変そうなのであれば、積極的に手伝ってあげることで解決することもあります。一緒にいても疲れているようなら無理に会話をせず、さりげなく好きな料理を作ってあげたりするのもいいでしょう。


自分も無理せずに休息時間を取ろう

「ひとりになりたい」と言われた時の対処法をまとめてみました。考えすぎてしまわないように、ぜひこの記事を参考にしてください。相手の気持ちがわからなくて疲れてしまった時は、無理をせず休息時間を取ってくださいね。

ふわっと。編集部のおすすめ記事