ひとりになりたいときの対処法5選

人と一緒にいることに疲れる、家族から少しだけでも離れたい、自由な時間が欲しい…誰にもである一人になりたい時間。どこで何をすれば、ストレスを発散できるのでしょうか?ひとりになりたい時の対処法5つを紹介していきます。

1:自室で過ごす

簡単なのは、やはり自室で過ごすことでしょう。

多くの人にとって、やはり自分の部屋は落ち着く空間です。家族や旦那さんと喧嘩してちょっとひとりで頭を冷やしたい時や、何もしたくない時にも、すぐにリラックス出来る場所があると便利です。忙しくて読めなかった本や漫画を読んだり、気になっていたドラマや映画を観たりなど趣味の時間をゆっくり過ごすうちに元気になれる人も多いのではないでしょうか。

2:ひとり旅をする

旅行が好きな人なら、思い切って一人旅もいいでしょう。

一人旅は自分の思うままに行動できるので、行き先や食事、スケジュールなどを人に合わせる必要がありません。公共の交通機関を使わずに、ドライブでの旅行も人混みを避けられるのでおすすめです。
自分の行きたかった場所で、心も身体も忙しい日常から解放されるうちに、きっと元気になれるでしょう。

3:筋トレをする

ひとり筋トレなら、健康的にもなれて一石二鳥です。

基本的に筋トレはひとりでやるものです。筋トレに集中することで、心身ともに元気になる効果が期待できるとも言われています。
ひとりで黙々とトレーニングを重ねていけば、自分に自信が持てるようになり、他人との付き合いにもゆとりが生まれるでしょう。

4:音楽を聞く

自分好みの音楽や情感に合わせた音楽を聞くのもおすすめです。

例えば失恋してしまってひとりになりたいという時には、失恋や別れをテーマにした曲を聞いたほうが、スッキリして元気になれることもあります。もちろん自分の好きな曲を聞くのもいいでしょう。
ヘッドホンで没頭して聞くのもいいですが、家事や育児で音楽だけに集中できないという時は、聞き流すだけでもいいでしょう。体を揺らし曲を口ずさむうちに気が紛れて、気分が晴れやかになります。

5:ひとりカラオケに行く

ストレス発散にもおすすめなのはひとりカラオケに行くことです。

最近ではひとりカラオケ専門店も増え、初めてでも手軽に楽しめます。人前で歌うのがちょっと苦手でも、ひとりなら人目を気にせず歌えるのも嬉しいポイントです。好きな曲を思いっきり歌えばストレス発散にも効果的です。
仕事の合間や家事のすき間時間に、ひとりカラオケで元気をチャージしましょう。


ひとりになりたい時は無理をしないことが大事です。

より良い人間関係を築き、日々を健康に過ごすためにも、ひとりになりたい時は無理をしないことが大事です。インドア派でもアウトドア派でも実行できるよう、いろいろな方法がありますので、あなたに合った対処法を試してみてください。

ふわっと。編集部のおすすめ記事