見栄を張る人への接し方7つ

見栄を張る人との接し方7個について紹介していきます。見栄を張る人との接し方には、適当に聞き流す・適度に相槌を打つ・とりあえず話を合わせ褒めておく・できるだけ関与しない・時には無視する・あからさまに馬鹿にしない・あえて否定しない、などがあります。

1:適当に聞き流す

見栄を張る人との接し方としては、適当に聞き流すことがストレスを溜めない接し方になるでしょう。見栄を張る人の話をまともに聞いていると、イライラしてくることがあります。
見栄を張る人は、自分のことを大げさに話し、自慢につながる内容を入れてくるためです。場合によっては嘘もあります。
そのような相手に対して真剣に話を聞く必要はなく、指摘して時間や労力を使う必要もありません。自分のストレスを溜めないために、上手く受け流すようにしましょう。

2:適度に相槌を打つ

見栄を張る人は肯定されることが好きなので、適度に相槌を打っておきましょう。実際はそう思っていなくても相槌を打って頷いておけば、見栄を張る人を満足させることが可能です。
自分が欲しい反応を貰えて満足すれば、気持ちよく話して去っていきますが、満足しないといつまでも自分の意見に同調させようとしつこく話してきます。こうならないためにも、相槌を打って話を合わせておく必要があるでしょう。

3:とりあえず話を合わせ褒めておく

見栄を張る人に対して、とりあえず話を合わせ褒めておきましょう。見栄を張る人は、称讃されることに意味を感じているため、褒めておけば満足します。
小さな子供を相手にするときのように「すごいね」「素敵だね」と言って、とりあえず話を合わせ褒めましょう。相手を満足させて人間関係が上手くいくならいいか、と割り切ってしまうのも手です。

4:できるだけ関与しない

できるだけ関与しないというのも、見栄を張る人に対する適切な接し方です。見栄を張る人は、人に優劣をつけて自分の価値を図るため、関わっても良い気分になることはそうそうないでしょう。
しかし、職場でも一人や二人、見栄を張るタイプは存在することがあります。上手く付き合っていく場合は、なるべく関わらないよう適度な距離を保ちましょう。近しい間柄でなければ、見栄を張っている様子を見てもさほどイライラすることはないでしょう。

5:時には無視する

見栄を張る人との接し方として、時には無視することも大切です。見栄を張る人は他者からの評価で価値を決めるため、反応が薄い相手には見栄を張らなくなります。
見栄っ張りな言動を聞いていると腹立たしく、イライラするときもありますが、反応するとさらに自慢話をされる可能性が高いため、話を聞く気がない意味を込めて無視をしましょう。

6:あからさまに馬鹿にしない

見栄を張る人は、周囲から褒められたい、称讃されたいという気持ちが強いため、馬鹿にされることを嫌います。自分のことを褒めてほしいからと言って、いい歳の大人が自慢話や嘘をついていると馬鹿にしたくなる部分はありますが、相手が嫌がることを、こちらもする必要はないでしょう。見栄を張る人は大げさに表現することが得意なため、あからさまに馬鹿にすると、「酷いことを言われた」とヒステリックになって騒ぎ立てる可能性もあります。

7:あえて否定しない

見栄を張る人に対して、あえて否定しないのも接し方のポイントです。見栄を張るためにまた嘘をついているなと気づいても、指摘せず「そうなんだ」と言いましょう。「それは嘘でしょ」と否定してしまうと、あなたのことを敵視して、嫌な態度をとってくることがあります。


見栄を張る人の心理を理解して対処しよう

見栄を張る人に対しての接し方についてなど紹介しました。

見栄を張ることは、自分を少しでも良く見せたいという自己愛でもあります。自慢話が多かったり、上から目線で話をしたりすることもありますが、見栄を張る人の心理や特徴を理解して対処しましょう。
いじってくる人は相手に対して好意を持っていることもあれば、相手を見下していることもあります。身近に自分をいじってくる男性がいる場合は、相手の心理を見抜き、正しい対処ができるようにしていきましょう。

ふわっと。編集部のおすすめ記事