バカにする人への上手な対処法6つ

人をバカにする人と関わらなくて済むのであれば良いですが、もし職場や親戚などにいた場合、付き合いを避けることは難しいものです。人をバカにする人への上手な対処法を、6個ご紹介していきます。周囲にそういった人がいる場合は、コミュニケーションのヒントにしてみてください。

1:話を変える

人をバカにする話題になったら、さりげなく話を変えてしまいましょう。人をバカにする人は「自分が優位で正しい」と思っているので、中途半端に同意してしまうと内容がエスカレートしていきます。話を変えるという方法はあなたからの「相手にしたくない」というアピールにもなります。反応が返ってこない場合は、人をバカにすること自体に手ごたえを感じず、やめることでしょう。

2:聞き流しておく

人をバカにする人には「聞き流す」という対処法も効果的です。話を変えてしまう対処法でもお伝えしましたが、人をバカにする人にとっては「同意すること」がやはり悪影響でしょう。さらにバカにする言動がエスカレートして、深刻な事態になりかねません。
また、人をバカにする内容を真に受けて聞くのは、あなたにとっても負担になります。反応が薄ければ話す甲斐もなくなり、人をバカにする話題をやめてくれる可能性があります。

3:日頃から褒める

人をバカにする人の特徴や心理でもお伝えしましたが、人をバカにする人は自分に自信が持てず、コンプレックスの裏返しとして人をバカにすることがあります。
そのような人の「バカにする言動」を防ぐために、日頃から褒めて本人の自尊心を満たしてあげるという対処法も効果的です。
会話の最後に「いつもありがとうございます。」と付け加えたり、あえて大勢の人がいる前で、「〇〇さんのおかげで、助かっています!」と褒めたりするといいでしょう。

4:きちんと気持ちを伝える

ちょっと視点を変えた対処法ですが、人をバカにする人に対して、きちんとあなたの「傷ついている」気持ちを伝えるという方法もあります。人をバカにする人の中には、「バカにしている」という自覚なしに、人をからかったりけなす人もいます。
「そういう言い方、傷つきます。」とハッキリ伝えて、相手の反応を見てみましょう。相手にハッキリ言われることで「言ってはいけないことを言ってしまった。」と自覚させるのが狙いです。勇気を出して言ってみましょう。

5:関わらないように距離をとる

上手に聞き流したり話題を変えたりしていても、人をバカにする言動は、聞いているだけでぐったりしてくるものです。自分がストレスをため込まないためにも、人をバカにする人とは関わらないように距離をとる対処法もあります。自分にとって心地よい距離感を探して、キープするようにしてみましょう。

6:ひどすぎるときは上司に相談してみる

ここまでご紹介したような対処法を試しても、人をバカにする人の言動がエスカレートする場合があります。あまりにもひどすぎる場合には抱え込まず、上司などに相談してみましょう。
相談することによって、バカにしてくる相手と違う部署にしてもらえたり、仕事内容を検討してもらえたりする可能性があります。
人をバカにする言動は周囲にストレスを与えるものです。このような一部の人の言動がもとで他の人の仕事やメンタルヘルスに支障が出ることは、会社としても避けたいでしょう。


バカにする人の心理を考えて上手につきあおう

人をバカにする人は自分に対する自信のなさやコンプレックスから、人をバカにすることで優位に立ったつもりでいるようです。また、人をバカにする人に対する対処法として、日頃から褒めて自尊心を満たしてあげる方法や、スルーすることで人をバカにすることを諦めさせる方法もあります。ぜひ、様子を見ながら実践してみて下さい。

ふわっと。編集部のおすすめ記事