何をしても楽しくないと感じる11個の理由|つらさやストレスへの対処法とは?

何をしても楽しくないと感じる場合には、仕事や人間関係でストレスを感じていることが多いです。仕事で正当な評価を受けることができないなど、内心を打ち明ける友達や恋人がいない場合も何をしても楽しくないと考えてしまうので自分に合った対処法を試していくことが大切です。

何をしても楽しくないと感じるのはつらいもの

日々の生活や仕事に追われている人は、何をしても楽しく感じられないことがあるのではないでしょうか。仕事が上手くいかなかったり、恋人や家族、友人との関係が上手く築けなかったりすると何をしても楽しくないと感じることが多くなります。

何をしても楽しくないと感じないためにも、自分なりのストレス解消法を試し、楽しい思える瞬間を見つけましょう。

何をしても楽しくないと感じてしまう理由11個

ここでは、何をしても楽しくないと感じてしまう11の理由について紹介していきます。現在自分がどのようなことにストレスを抱いているか知るためにも、普段の生活で何に不安に感じているのか振り返ってみましょう。

親しい友達がいないことや、仕事にやりがいを感じられないことにストレスを抱え、何をしても楽しくないと感じてしまうので、友人作りや転職を考えることが必要です。

1:忙しくて疲れ切ってしまったから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の1つ目に、忙しすぎて疲れ切ってしまうことが挙げられます。

参加している企業のプロジェクトが佳境を迎えた際の仕事量の増加や、ノルマ達成のために奔走しなければならない場合などは忙しい日々が続くので、仕事をセーブして家事を家族に手伝ってもらうことを考えておきましょう。

2:親しい友人がいないから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の2つ目に、親しい友人がいないことが挙げられます。親友と呼べる友達や、普段一緒に過ごす友人が少ないと喜びや悲しみを共有できないので孤独を感じ、一人でいることに不安を抱いてしまうことがあります。

孤独感を感じて不安にならないためにも、共通の趣味を持つ友人を作るために、普段は参加しないような集まりやイベントに行くことも考えてみましょう。

3:孤独を感じているから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の3つ目に、孤独を感じている場合が挙げられます。

恋人や友人がいないと誰かと一緒にいる安心感を得られず、より孤独を感じてしまい、その孤独感がやがて不安な気持ちに変わっていくので何をしても楽しくないと思うことが多くなります。

友人や恋人と行動を共にできない場合には、孤独を感じやすい場所には出かけないようにするなど工夫しましょう。

4:仕事にやりがいを感じていないから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の4つ目に、仕事にやりがいを感じていないことが考えられます。

家庭や企業の仕事内容によっては自分自身が苦手とする業務や、やりたくない仕事を仕方なく続けなければならないので仕事自体にやりがいを感じられずストレスになります。仕事の必要性を見出すためにも、自分の仕事を別の側面から見るようにしましょう。

5:毎日同じことの繰り返しでつまらないから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の5つ目に、毎日同じことの繰り返しでつまらなく感じていることが挙げられます。

会社員や主婦として仕事をしていても、毎日同じことの繰り返しで単調な日々に飽きてしまい、刺激的に思えることが少なく感じてしまいます。毎日同じことの繰り返しでも幸せな環境にいるのだと考え、日々を過ごしていくことが大切です。

6:周りの目が気になって自分の思い通りに動けないから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の6つ目に、周りの目が気になって自分の思い通りに動けない場合が挙げられます。

遊園地やカラオケなどで楽しんでいる姿を他人に見られなくないという気持ちが生じたり、自分がエンジョイしている姿を人に見られて変な人だと思われたくないと思ったり、周囲の目が気になり思い通りに過ごせません。

また、役職についている人などは立場上、思い通りに楽しめないこともあるでしょう。

7:悩みがあって楽しみどころではないから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の7つ目に、悩みがあって楽しむどころではない状態であることが考えられます。

大きな悩みを抱えていることがストレスになり、楽しいことがあっても心から楽しめない場合があります。悩み事を考えない日を作るようにし、日々のストレスを軽減させましょう。

8:強いストレスを感じているから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の8つ目に、強いストレスを感じている場合が挙げられます。仕事や恋愛、家族との間で抱える大きな悩みなどが強いストレスになるため、周囲の人が愉快に感じることでも楽しく思えなくなってしまいます。

親しい友人や信頼できる人に悩みを話すことで気持ちを楽にしたり、自分が楽しいと思えることを探したりしてみましょう。

9:大人になって経験値を積んでしまったから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の9つ目に、大人になって経験値を積んだことが考えられます。大人になりさまざまなことを経験すると、子供の頃や若い頃のように物事に対して新鮮味を持つことが難しくなり、何をしても楽しいと感じられなくなります。

子供の頃の好奇心がなくなったことは自分自身が大人に成長した証だと考え、これまで無事に過ごせてきたことに感謝する気持ちを持ちましょう。

10:現在の状態に不満を持っているから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の10点目に、現在の状態に不満を抱いていることが挙げられます。

自分が取り組んでいる業務に対して会社側から正当に評価してもらえないことや、やりたい仕事を任せてもらない場合など、現状に満足できずストレスがたまり何をしても楽しくないと感じます。

11:新しいことへの期待値が高すぎるから

何をしても楽しくないと感じてしまう理由の11点目に、新しいことへの期待値の高さが挙げられます。

イベントへの期待値を高く設定して人との集まりに参加すると楽しく感じることが難しい場合があります。の期待値を高く設定してしまうと、、思ったよりも気分転換を図れずストレスになってしまうのです。

イベントに参加する前の期待値のハードルを下げ、楽しめる状況を作りましょう。

何をしても楽しくないと感じる時の対処法10個

何をしても楽しくないと感じてしまう際の対処法について紹介していきます。

楽しくないと感じている時はストレスを抱えている状態でもあるので、運動をして汗をかくようにしたり、新しい職業への転職を検討したり、一人旅行を楽しんだりすることで状況を変える努力をしてみましょう。

1:眠って疲れを癒す

心身の疲れがたまっているとストレスを感じやすくなり、行動を起こそうとしても体が思うように動きません。脳や体を休めるためにも眠ってエネルギー補給しましょう。

心身を休ませることは体への負担を減らすことに繋がるので、余裕を持って物事に取り組むことができるようになります。

2:ストレッチや散歩をする

何をしても楽しくないと感じる時は、ストレッチや散歩をしてみましょう。

通勤や通学で道を通る際に、木々の変化や周囲の店などを意識しながら歩くようにしたり、休日の早朝などに公園でストレッチしたりすることで、新鮮な空気を体に取り込み気分転換を図れます。

3:いつも楽しそうな人と一緒に過ごす

一緒にいて楽しそうな人と心地よい空間を共有することで、孤独感を紛らわせ、楽しい気分で過ごすことができます。

自分自身の中にある閉塞感をなくすためにも、楽しい空間をエンジョイし、ネガティブな気持ちを打ち消すようにしましょう。

4:今の仕事は誰かの役に立っているのだと考える

何をしても楽しくないと感じる時の対処法の4つ目に、今の仕事は誰かの役に立っているのだと考えてみることが挙げられます。

家事や仕事でも家族や顧客の生活を支えていくために必要なことだと考え直すことができれば、自分が毎日行っていること自体が無駄なことだとは考えなくなり、日々の仕事や家事にやりがいや楽しみを見つけられ、物事をポジティブに捉えられるようになります。

5:新しいことでも興味を持ったら勉強してみる

新しく興味を抱いたことについて勉強すれば、普段関わらない世界を知るきっかけになります。広い視野で物事を考えられるようになり、不満があっても大きな視点で見ることができるようになります。

6:掃除や部屋の模様替えをする

部屋に物が散乱していると今置かれている現状に向き合う意欲を持つことが難しくなるため、部屋を掃除して過ごしやすい環境に変えて、部屋の模様替えをすることで気分を入れ替える工夫をしてみましょう。

新たな気持ちで日々を過ごすためにも、断捨離を行い、身の回りを綺麗にしておくことが大切です。

7:一人カラオケや旅行をする

何一人旅行は、初めて訪れる土地の食べ物や人に触れ合えるため非日常感を感じることができ、気分転換を図れます。

また、一人カラオケも、周囲を気にすることなく声を出すことでストレス発散になり、鬱屈した気持ちをなくすことができるでしょう。

8:ストレスになっていることをやめる

仕事や家事、人間関係などでストレスに感じていることがあれば、可能な範囲でそれらのことをやめることで、ストレスを軽減でき余裕を持って物事を考えられるようになります。

転職を検討したり、パートナーと家事を分担したりするなどの工夫をしてみましょう。

9:新しい仕事にチャレンジしてみる

現在の仕事でやりがいを感じていないのならば、異業種の企業に転職をして環境を変えてみることで気分をリフレッシュすることも検討してみましょう。

所持している資格や自分が得意なことを活かせる職場に転職し、新しい環境に身を置き新鮮さを楽しみましょう。

10:毎日コツコツ努力することで自分に自信をつける

仕事やプライベートでも小さな目標を叶えるために日々努力しながら、目標達成できれば自信を持てるようになるので、生活を充実できます。無理のない範囲で日課を増やし、自分自身の心身の管理も考えておきましょう。

何をしても楽しくない時は生活を変えるチャンス

何をしても楽しくないと感じてしまう際の理由や対処法について紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

何をしても楽しくないと感じている際は現状に不満を抱いていることでもあるので、置かれている状況を冷静に捉え、仕事やプライベート面でどのようなことを変えていけば日々を楽しむことができるのか考えてみましょう。

何をしても楽しくない時は生活を変えるチャンスだと考え、新しいことに取り組んでみましょう。

ふわっと。編集部のおすすめ記事