いじってくる男性への上手な対処法6つ

好意があっていじってくる人もいますが、中には「相手を見下す」「反応を楽しんでいる」「周囲にアピールをしている」などの理由でいじる人もいます。
しかしながら、そのいじりには配慮に欠けるものもあり、不快に感じてしまうこともあるでしょう。もし、不快に感じるようないじりを頻繁にされている場合には、何らかの対処をしないと、いつまでもいじられ続けてしまうことになります。
そのため、不快ないじりをされている場合の適切な対処方法を6個紹介します。参考になさってください。

1:相手にしない

いじってくる人の中には、相手の反応を楽しんでいる人もいます。そのため、いじりに反応をしてしまうと、その反応を楽しまれてしまって、いつまでもいじられ続けてしまうことになります。
そのようなことを避けるには、相手を楽しませないようにいじりに反応することをやめましょう。
いじりに対しては無視をしたり、軽くあしらって流したりして、なるべく反応を薄くします。反応がなくなって面白みを感じなくなれば、いじりをやめていくでしょう。

2:はっきり迷惑だと伝える

相手のことを見下すことでいじる人もいます。そのような人は自分の方が優位な立場であり、反撃されることがないと考えています。そのため、いじりがきつく、徐々にエスカレートしてしまう場合もあるでしょう。
しかし、優位な立場であれば人をいじっても良いということはありません。不快な思いをしている場合は、素直に迷惑だと伝えるようにしましょう。
反撃をされることがないと思っていた相手からストレートに伝えられることで、「自分が明確に優位な立場ではない」と認識してもらえれば、いじりが止まります。

3:真面目に答えを返す

相手の反応を楽しんでいる人に対して、いじられた際に反応を見せてしまうと、相手を楽しませてしまうことになります。

そのため、相手が反応を楽しまないようにいじりに対しては真面目な答えを返しましょう。面白くない反応が返ってくるようになれば、徐々にいじらなくなっていくでしょう。
また、いじりに対して真面目な答えを返すことで、自分がいじられていることを認識していて、不快に思っていることが伝わる場合もあります。

4:冷たくする

いじられることが不快な場合は、その相手と距離を取ってなるべく接しないようにしましょう。また、接する機会があっても会話を出来るだけ早く終わらせ、一緒にいる時間を短くするように心がけてください。
これらの冷たい反応を繰り返していき、いじられることを不快に思って避けていると気づいてもらいましょう。相手が不快に思っていることに気がつけば、いじりをやめてもらえます。

5:いじってくる理由を聞いてみる

いろいろな対処をしても、しつこくいじってくる人には、「なぜいじってくるのか」ストレートに聞いてみましょう。
もし、「見下しているから」「反応が面白いから」などの理由であった場合は、いじってくる人はその返答に困るため、こちらからも強く反撃できます。
ただし、少し角の立つ反撃方法となるので、相手との関係性に注意して行ってください。たとえば、あまり角を立てないように少し冗談混じりの雰囲気を出して聞いてみても良いでしょう。

6:周囲に相談する

相手との関係性によっては「いじりをやめて欲しい」と伝えにくい場合があります。また、人に意見を言うことが苦手という人もいます。
このような場合は、無理に自分だけで解決しようとせずに、周囲に相談するようにしましょう。周囲を味方にすることによって、自分が直接いじりをやめて欲しいと伝えなくても、周りの人たちが対処してくれる場合もあります。


いじってくる男性の心理を見抜いて対処しよう

いじってくる人は相手に対して好意を持っていることもあれば、相手を見下していることもあります。身近に自分をいじってくる男性がいる場合は、相手の心理を見抜き、正しい対処ができるようにしていきましょう。

ふわっと。編集部のおすすめ記事