緊張がほぐれてぐっすり眠れる就寝前のボディーワーク3選
教えてくれたウェルネスプロ

美人デザイン睡眠アカデミー 主宰

内藤 絢さん

疲れているからすぐ寝付けると思ったけど、なかなか寝付けない。
寝落ちしたら夜中に目が覚め、その後はウトウトして日中に眠くてダル重と言う事、ありませんか?

その原因は、疲労で筋肉や関節が硬くなっている事かもしれません。

ぐっすり眠るためには全身の緊張を取る事も重要です。
就寝前のボディーワークが何故、ぐっすり美人作りに繋がるか?
大人女性の綺麗を作る睡眠指導者である筆者が紹介します。

ぐっすり眠れるためにほぐしたい部位

1.頭皮
長時間のスマホ・PC作業で頭皮が硬くなると頭の血流が滞り、交感神経が優位になります。

2.脇腹と肋骨
猫背になると脇腹・肋骨が硬くなり、呼吸が浅くなります。

3.背骨
背骨の一部である頸椎、仙骨と副交感神経には深い関わりがあるため就寝前に背骨を動かすと副交感神経の反応が高まり、ぐっすり眠りやすくなります。

4.股関節
股関節は上半身と下半身を繋いでいるため、硬くなると全身に緊張感が出ます。

5.足首
ぐっすり眠るために重要な深部体温と深く関わりがある上に背骨とも繋がりがあります。
硬くなると自律神経のバランスも乱れます。

5部位がほぐれ、すぐ入眠できるボディーワーク3選

就寝前に仰向け姿勢で実践でき、眠気が来たらすぐ入眠できる3点のボディーワークを厳選して紹介します。
1点のボディーワークで複数の部位をほぐせる上、短時間でできる種目です。

◆準備:ボディーワーク前に

入浴後のリラックス効果アップ!湯船で頭のタッピング
手のひらでパンパンとリズムよく頭全体を軽くたたきます。 

頭皮がほぐれると眼・脳の疲労回復や身体の後背部がほぐれて副交感神経の反応が上がり、スムーズに寝付けます。

1.たったの5秒で眠気が誘発される?【末端部ブラブラ】

仰向けで膝を立て、脚と腕を上に挙げて膝下と前腕部を5秒から10秒間ブラブラと動かします。
足首や手首、末端部を動かすと深部体温がスムーズに下がり、眠気が誘発されます。

2.背骨も動いて呼吸も深まる【仰向けねじり】

仰向けで脚を閉じて膝を立て、息を吐きながら膝を左右に5回ずつ倒します。
更に全身をほぐしたい時は脚を腰幅にして行うと鼠蹊部(そけいぶ=足の付根まわり)や股関節もほぐれます。

足首がほぐれると背骨もほぐれて副交感神経の反応も高まる上、ねじる動きは背骨、脇腹、肋骨と姿勢に関わる部位がほぐれます。

3.全身の緊張が一気に取れて深く眠れる【仰向けバンザイ】

座って脚を胡坐にして仰向けになり、腕を挙げてバンザイ!
1分から3分静止して、呼吸は吐く方を多くします。
胡座(あぐら)で仰向けになると腰や股関節に負担が掛かる時は、脚を伸ばして全身を上下に開きましょう。
胸や肩周り、脇腹や肋骨、股関節などがほぐれるとぐっすり眠れます。

日頃のスマホ操作などで縮まった身体の前面を就寝前に開くと呼吸が深まり、就寝中の疲労回復力も高まります。

仰向けのボディーワークは就寝前に実践しやすく、眠気が来たらそのまま入眠する事ができます。
好きな種目から始めるようにすると習慣化に繋がります。

教えてくれたウェルネスプロ

美人デザイン睡眠アカデミー 主宰

内藤 絢さん

睡眠栄養指導士®
35歳~50歳の大人女性の綺麗を睡眠から作る美人デザイン睡眠アカデミー主宰
フィットネス指導、ヨガ講師、ダイエット指導に携わる中、運動や食事制限で頑張っても結果が出ない原因は睡眠と言う事を知った所から睡眠指導者の道に入る。
現在は大人女性の睡眠指導の他、睡眠関連の商品監修、企業研修など多岐に渡り活動中。

HP
https://bijindesign-suimin.com/

インスタ
https://www.instagram.com/bijindesign_suimin_aya/

#熟睡 #良質な睡眠 #就寝前 #入眠 #エクササイズ #リラックス #美人デザイン睡眠アカデミー

ふわっと。編集部のおすすめ記事