子育てママ応援!子どもが泣いたら怒る?抱っこする?親は子どもの安全基地〈心理カウンセラー〉【ひまわり先生】

こんにちは、ひまわり先生こと心理カウンセラーの米倉けいこです。抱っこの意味

①生きるための抱っこ

②心を安定させるための抱っこ

赤ちゃんが泣いた時にお母さんが来てくれてあったかい抱っこしてくれる、守ってくれる

「いつでもお母さんが来てくれるんだー」というふうに思うと赤ちゃんはお母さんを信頼できるわけです。

これが「基本的信頼感」となります。

お母さんは来てくれるんだって信頼する人になるわけですね。

もし、お子さんが、転んで泣いた時に「お母さん助けて」って。

そんな時にお母さんが来てくれたら、心が安定していくんです。

「基本的安心感」となっていきます。

自分が辛いとき、苦しい時には、お母さんが味方になってくれるし、励ましてくれるんだ、

助けてくれるんだという安心感になるんです。

親が子どもを守ること、そして、子どもの気持ちや欲求に応えてあげることがとても大切なんです。

これらのことを「心の安全基地」といいます。

親が子どもの心の安全基地になってあげましょう。

安全基地とはその基地から子どもは外の世界に入ることができる

そして基地に戻ってくるときに子どもは次の確信を持って戻ってくることができる。

①基地にたどり着いたときには自分は歓迎される

②体と心に栄養を与えられる

③もし苦しんでいたら安らぎを与えられる

④恐怖心があるなら安心感を与えられる

⑤役割としては本質的にあるべきところに居てくれる

⑥励まし支援を求めたときにはすぐにそれに応答してくれる

⑦明らかに必要だという時にしか積極的に介入しない

❤️どうか子どもの心で感じる感情が愛でいっぱいでありますように…。

#子供が泣いたらどうするか #親は子供の安全基地 #抱っこの意味 #子育て応援 #子供への接し方 #子育て #育児 #育児ストレス #心理カウンセラー #ひまわり先生 #ウェルネス #健康 #Designme #デザインミー


ひまわり先生

心理カウンセラー 米倉 けいこ

福岡市


ふわっと。編集部のおすすめ記事