【前編】2人目、3人めのママ必見!赤ちゃん返り解消法
教えてくれたウェルネスプロ

一般社団法人 乳幼児子育てサポート協会
産前産後トータルケアネットワーク

代表 行本充子(ゆくもとみつこ)さん

2人目、3人目の妊娠・出産、とっても嬉しいことですが、気になるのが上のお子さんの赤ちゃん返り。
下の子のお世話があるのに、上の子までぐずられてしまうと、イライラしたくないと思っても怒りすぎちゃう…なんてこともありますよね。今回は2回に分けて、少しでも親子で穏やかに過ごせるように「赤ちゃん返り解消法」をお伝えします。

赤ちゃん返りを軽くする、親の心構え

まずは赤ちゃん返りを少しでも軽くするための、親としての心構えをお伝えします。それは「上のお子さんに対して、罪悪感を持たない」ということです。

下の子が生まれたのは嬉しいけれど…妊娠中は今までのように抱っこができない、上の子の話を聞いてあげたいけれど、下の子のお世話でなかなかゆっくり話を聞けない…などが重なると、上のお子さんに対して「かわいそうな思いをさせてしまっている」と感じるママさんも多いです。

でもね、一番上のお子さんは他の誰もが経験できない「ママとの2人の時間」を、すでにたっぷり体験しています。

真ん中のお子さんであれば、親御さんと上のお子さんの愛情をたっぷり受け取って育っています。ですから「かわいそう」ということは無いのです。
親が罪悪感を感じていると子どもにも親の気持ちのザワつきが伝わり、余計にグズるということがよくあります。ママたちの愛情は、ちゃんと上のお子さんに伝わっています。どうか自信を持って下のお子さんのお世話をしてあげてくださいね。

ママがしんどくない体勢で、最高のハグをしよう!

自信を持って…と書きましたが、とはいえ、上のお子さんが今までよりは寂しさを感じる場面があることもあります。そこでママの愛情を今まで以上にしっかり伝える方法をお伝えします。
それは「最高のハグ」です。

最高のハグとは

  • ギューッと7秒以上
  • ほっぺをスリスリしながら
  • 大好きだよ、生まれてくれてありがとう

…などの言葉とともにハグをすることです。

7秒以上ハグをすることで、お互いにとってオキシトシンという幸せホルモンが分泌され、精神的に安定することは科学的に証明されています。

また、ほっぺをスリスリすることで良い濃いスキンシップになりますし、ママから「大好き!」と言われるだけで、子どもにとっては勇気100倍。
このハグをするだけで「グズリが落ち着いた」、ハグをすることでママ自身が癒されたという声もたくさん届いています。

こちらのハグ、1日に4回以上できると効果は倍増♪ ただし、くれぐれもママがしんどく無い時間、しんどく無い体勢で行うことをお忘れなく!しんどい中で義務感でハグをするとその気持ちはお子さんに伝わります。
子どもだけではなく親の気持ちが穏やかになる最高のハグ、どうか無理のない範囲でお試しくださいね。

次回の後編でも解消法をご紹介しますね。

教えてくれたウェルネスプロ

一般社団法人 乳幼児子育てサポート協会
産前産後トータルケアネットワーク

代表 行本充子(ゆくもとみつこ)さん

〈プロフィール〉
2010年出産 シングルマザーとして子育て中
「虐待するかもしれない」と精神的に追い詰められた、超・孤独な子育ての状況を、素敵なママ友・ベビーマッサージ・発達の先生との出会いのおかげで乗り越えた。
その経験を活かし、自分と似たような思いをしているママたちの役に立ちたい!と、自宅の一室でベビーマッサージ教室を開講。2013年「乳幼児子育てサポート協会」を設立。現在に至るまで、延べ10,000組以上の親子さんと関わり、子育ての相談などを受ける。

◆ホームページ
https://kodomokosodate.com/aboutus
◆blog
https://ameblo.jp/baby-repeat
◆Instagram
https://www.instagram.com/yukumoto_mitsuko/
◆Twitter
https://twitter.com/52mitsuko

ふわっと。編集部のおすすめ記事