子どもの抱っこで腰痛になってしまう原因とは?予防法を解説します
教えてくれたウェルネスプロ

産後ダイエット専門オンラインジム「mamaトレ」

代表トレーナー 佐藤 誠さん

「子どもを長時間抱っこすると腰が痛くなる、、、」
「子どもを抱っこする瞬間にギックリ腰になってしまった」
このように、子どもの抱っこが原因で慢性的な腰痛やギックリ腰になってしまったというママさんやパパさんは少なくないはず。
しかし腰痛だからといって子どもを抱っこしない訳にもいかず、腰痛が悪化してしまった方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は子どもの抱っこで腰痛になってしまう原因と予防法について解説します。

子どもの抱っこで腰痛になってしまう原因とは

産後に腰痛で悩むママさんはとても多いです。その原因の一つとして、子どもを抱っこすることによる腰への負担が影響している可能性が高いです。

ではなぜ子どもの抱っこが腰痛の原因になるのでしょうか。原因としては下記のようなことが考えられます。

  • 妊娠中から腰への負担が蓄積している状態
  • 産後の骨盤の歪みや筋力バランスの変化が影響している
  • 腰を反った状態で抱っこをしている
  • 片側の腕や足を重心にして支える癖がある
  • 床から子どもを持ち上げる際に腰が丸まっている

産後は骨盤が歪み、さらにお腹周りの筋力も低下しているため腰痛になりやすい状態です。そのため抱っこをすることで骨盤や姿勢の歪みを強めてしまい、結果として腰痛を悪化させてしまいます。

抱っこによる腰痛を予防する方法

腰が痛いからといって子どもを抱っこしないようにすることは難しいですよね。

そのため抱っこの姿勢や日常での姿勢に気をつけるとともに、抱っこの前後でストレッチを行うなど日頃からカラダのケアを行うことが大切です。

  • 反り腰にならないようにお腹に力を入れた状態で抱っこする
  • 片側の腕や片足重心にならないように左右バランスよく抱っこする
  • 骨盤や姿勢を整えるために定期的にストレッチを行う

子どもの抱っこでギックリ腰を予防する方法

子どもを抱っこするときに特に気をつけたいのが、子どもを持ち上げる瞬間の姿勢です。
抱っこに限らず、床から何かを持ち上げるときにギックリ腰になってしまったという話は良く聞きますよね。
子どもを持ち上げる瞬間もギックリ腰になるリスクはとても高いので注意が必要です。

ギックリ腰にならないために、子どもを抱っこするときは下記の写真のように腰を落とし背中が丸まらないように注意しましょう。

今回は子どもの抱っこで腰痛になってしまう原因と予防法について解説しました。
できるだけ長く子どもを抱っこしてあげたいのが親心ではないでしょうか。そのためにも腰痛にならないよう日頃から抱っこの姿勢に気をつけ、カラダのケアも行っていきましょう。

教えてくれたウェルネスプロ

産後ダイエット専門オンラインジム「mamaトレ」

代表トレーナー 佐藤 誠さん

〈プロフィール〉
パーソナルトレーナー歴15年。一児の子を持つパパトレーナー。
女性向けパーソナルジムでマネージャーとして活動する傍ら、自身が父親になったことをきっかけに産後ダイエット向けのオンラインパーソナルジム「mamaトレ」を立ち上げる。
産後の骨盤・姿勢調整からダイエットまで、産後ママが抱えるカラダの悩みを幅広くサポート中。

<mamaトレ公式HP>
https://mamatore.com/

<mamaトレ公式Instagram>
https://www.instagram.com/mamatore_times/?hl=ja

<佐藤誠Twitter>
https://twitter.com/satomkt

ふわっと。編集部のおすすめ記事