子どもの教育費用、幼稚園から大学までいくらかかる?
教えてくれたウェルネスプロ

ファイナンシャルプランナー

藤川 広志さん

教育費は子育て世帯にとって大きな出費となり、家計の負担は大きいです。

とはいえ、将来的に必要となる教育費の総額は漠然と把握しているけど、なんとなくわからないというご家庭も多いはず。

今回は、幼稚園から大学までに必要となる教育費の目安をご紹介。必要な金額が分かれば、どう準備するか対策もとれますよね。早いうちから計画的に貯え、来たるべきタイミングに備えましょう。

公立で1000万円、私立だと?

一般的によく言われているのが、子ども1人につき教育費の目安は約1,000万円。
これは幼稚園から大学卒業まで公立、国立の学校に通った場合の教育費の総額です。
私立に進学した場合、総額はもっと膨らむことになります。もし“すべて私立”を選択した場合、教育費の総額はなんと2,000万円以上になります。

幼稚園から高校までの教育費

では早速、幼稚園から高校までの教育費の内訳を見ていきましょう。
小学校の教育費の平均額は、私立が公立の約5倍。小学校では6年間通うこともあり、その費用のかかり方も膨大になっていきます。

中学校の教育費の平均額は、私立が公立の約3倍、学校外活動費の金額差はあまりなく、自宅学習や学習塾・家庭教師などの平均額が最も多くなっているのが中学校の教育費の特徴です。また、私立よりも公立のほうが塾等にかけているお金が多い点も小学校の教育費とは異なります。

高等学校の場合は、私立の教育費のトータル金額を見ますと公立の約2倍の金額になっています。私立の学校教育費の内訳では、授業料と学校納付金が約7割を占めています。また、学校外活動費は、公立、私立私ともに自宅学習や学習塾・家庭教師の費用が多くなっているのも特徴です。大学進学の準備は公立、私立に関係なくおこなわれるためと考えられるでしょう。

大学にかかる教育費

大学で1年間にかかる教育費用は、国公立と私立では約1.5~1.7倍の金額差が生じています。国立大学であっても4年間の学費の総額は高額です。私立大学では、文系か理系か、学部によってもかなり金額が違うのも大学の教育費用の特徴です。大学によっても学費に差があるため、どこの大学に行くのかということが重要になってきます。
また、進学した大学が遠ければ通学費、家賃、仕送りなど、さらにお金がかかってきます。

もっと詳細な教育資金のことを知りたい、自分の家庭が将来的にどれくらいお金が必要なのか、いつ必要となるのかを実際にシミュレーションしたい方など、専門家に相談してみるとより明確になるかと思います。

教えてくれたウェルネスプロ

 ファイナンシャルプランナー

 藤川 広志さん

〈プロフィール〉
秋田県出身。大学卒業後、生命保険業界に20年従事。2児の父。

自身の経験を踏まえ、お金に対する考え方を分かりやすく伝え、解決策を親身になって一緒に考えることを使命とし、子育て世帯のお金の知識によるライフサポートに注力。家計相談・教育費など多岐にわたり5000件以上の相談を受ける。

保有資格:FP2級、MDRT

ふわっと。編集部のおすすめ記事