学資保険を選ぶなら、おさえておきたい4つのポイント
教えてくれたウェルネスプロ

ファイナンシャルプランナー

藤川 広志さん

教育資金を準備する方法として学資保険を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
しかし、定期預金や低解約返戻金型終身保険、外貨預金など、学資保険以外にも教育資金の貯め方は色々な手段があります。

学資保険を選ぶことが、本当に正しいか迷っている人は、ポイントを4つピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

おさえておきたい4つのポイント

① 貯蓄が苦手、貯蓄ができない

強制的に貯蓄ができるので、貯蓄の習慣がつきやすい。

学資保険に加入すると、毎月保険料が引き落とされることになるので、ある意味強制的に貯蓄されまることになります。

また、途中で解約すると、解約返戻金は支払い保険料を下回るリスクがあるので、「損をしたくない」という気持ちから満期まで継続する人が多いです。貯蓄ができない人、貯蓄の習慣がない人には、学資保険はオススメの方法と言えます。

② 節約するのが好き

税金が控除されるので、節税ができます。
学資保険は生命保険料控除の対象であるため申請を行えば税金が控除されます。所得税で最大4万円、住民税で最大2万8千円が課税対象から控除されます。これは、生命保険の一種である学資保険に加入したから得られるメリットです。

③ 自分にもしもがあったら心配

保険料払込免除特則があります。

学資保険は、契約者(親)が亡くなったり、重度の障害状態になったりした際には、以降の保険料の払込が免除になる保険料払込免除特則が設けられているものがあります。さらに満期時には給付金が支払われるものや、給付金とは別に毎年保険金を受け取ることができるものもあります。このように、親の万が一に備えられるのは学資保険ならではの特徴と言えます。

④ 注意するべきデメリットは?

ここまではメリットを挙げてきましたが、学資保険にはデメリットもあります。

学資保険は固定金利商品です。そのため、満期になる前に金利が上がった、契約時より教育費が高騰したというインフレには弱い場合があります。

また、一般的に、中途で解約すると解約返戻金は支払った保険料よりも少ない金額となります。


メリットデメリットを比較し、将来的にどれくらい教育資金が必要なのか、いつ必要となるのかを検討した上で、ご家庭に合った方法で資金を準備していくことが重要をなりますので、専門家に相談してみるとより明確に整理できるかもしれません。

教えてくれたウェルネスプロ

 ファイナンシャルプランナー

 藤川 広志さん

〈プロフィール〉
秋田県出身。大学卒業後、生命保険業界に20年従事。2児の父。

自身の経験を踏まえ、お金に対する考え方を分かりやすく伝え、解決策を親身になって一緒に考えることを使命とし、子育て世帯のお金の知識によるライフサポートに注力。家計相談・教育費など多岐にわたり5000件以上の相談を受ける。

保有資格:FP2級、MDRT

ふわっと。編集部のおすすめ記事