更年期のシミやシワの対策方法に有効的な方法とは?お風呂上がりの首元ケアがおすすめ!
教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事

永田京子さん

「45歳を過ぎてから顔のシミやシワが気になるようになった。」それは更年期に入ったことが原因かもしれません。更年期になると女性ホルモンの低下が肌にも影響を与えるのです。更年期の肌事情や改善策について専門家である永田京子さんにお話を聞きました。

更年期からシミやシワができやすくなる仕組みを解説!

女性ホルモン・エストロゲンには肌のハリやうるおいを保つ役割があります。女性ホルモンが急激に低下する更年期は、これまでよりも肌が乾燥し、シミやシワができやすくなるのです。

また、普段からずっと同じ姿勢でいたり運動不足だったりすると、血流が悪くなってしまいます。顔まわりへの血流が悪くなると老廃物が滞りやすくなるため、さらにシミやシワができやすくなります。それらを予防・改善するためにも、顔まわりのセルフケアをしっかり行っていきましょう。

更年期のシミ・シワ改善には、お風呂上りの首元ケアがおすすめ

(写真:KO-NENKIの教科書(NPO法人ちぇぶら)より)

顔を横に向けた時に耳の後ろのところから鎖骨と胸骨の真ん中につながっている筋肉がありますよね。この筋肉を胸鎖乳突筋といいます。お風呂上りに化粧水を首元までつけて、親指と人差し指の腹でそこを優しくつまんで離すことを2~3回行ってみてください。 

リンパの流れがとてもよくなりますし、顔のむくみやたまっている老廃物を血液の力で流すことができます。血流がよくなるので栄養が行き届いて、シミやシワの予防・改善につながり、さらには小顔効果も期待できます。

また、この筋肉を撫で上げることもおすすめです。撫でた側の口角がきゅっと上がったり、小鼻が小さくなったり、頬の位置が上がったり、目がぱっちりしますよ。よかったら試してみてください。むくみやすい方は、顔の片方だけやるとケアした側だけきゅっと引き締まり変化が実感できると思います。

更年期に必要な栄養素はコレ!バランスよく食べるのも大切なこと

更年期からは、バランスよく食べることが大切ですが、特に不足させないほうがよい栄養素はカルシウム、ビタミンD、タンパク質です。

更年期から注意しなければならない骨粗鬆症の予防に、カルシウムとビタミンDは大切な働きをします。また、タンパク質は私たちの細胞を作る大切な栄養素です。不足してしまうと筋肉があっという間に落ちてしまいますし、顔もたるみやすくなってしまうので、意識して摂取するといいでしょう。

更年期の最高の美容方法は生活習慣の改善にある

更年期障害のケア方法にはさまざまなものがありますが、私は地道に生活習慣を改善していくことが最高の美容法だと思っています。

運動することで肌つやもよくなりますし、むくみもとれます。また、必要な栄養を摂ることで顔色も明るくなり、肌のハリにも効果的です。たっぷり寝ると次の日のお化粧のノリがよくなることは、きっと多くの方が経験していますよね。

体を動かして血流をよくする、必要な栄養素を摂る、しっかり眠るなど、更年期をきかっけに今までの生活習慣を見直してみてくださいね!

教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事
永田京子さん

NPO法人ちぇぶら代表理事 更年期トータルケアインストラクター
1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。
企業や自治体、医療機関などで、延べ3万人以上にプログラムを届けている。
著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。YouTubeの登録者は3.5万人以上。

◇NPO法人ちぇぶら 公式サイト
https://www.chebura.com/

◇YouTube ちぇぶらチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClAWFz5tll4D9e-Op9FlC_w

#更年期障害 #スキンケア #エストロゲン #シミ #シワ #リンパ #ちぇぶら #永田京子