【更年期の動悸ケア】急な胸のドキドキ!その場でできるセルフメンテナンス方法
教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事

永田京子さん

更年期には運動をしたわけではないのに、急に胸がドキドキする動悸や、息切れの悩みが聞かれます。何もしていないのに、どうしてこのような症状が現れるのでしょうか? 動悸・息切れがおこる原因と、症状を楽にするセルフメンテナンス方法を、更年期ケアの専門家である永田京子さんに伺いました。

静かにしていても、急に動悸・息切れがするのはなぜ? 

私たちの心臓の動きは、自律神経によって調節されています。40~50代のいわゆる更年期と呼ばれる時期には、卵巣機能の低下により女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が急激に減少することで、自律神経が乱れやすくなります。そのため、激しく体を動かしていなくても、場所や時間やシチュエーションに関係なく、急に胸がドキドキしたり、息苦しさを感じることがあるのです。

動悸・息切れがおちつく、リラックスの呼吸法!

夜寝ているときに急に動悸がして目が覚めてしまう…、十分に息が吸えている感じがしなくて息が苦しい…。このように場所や時間に関係なくおこる、動機・息切れを楽にする呼吸法を紹介します!

この呼吸法は腹式呼吸で行います。お腹に両手をあてて、息を吸う時にお腹がプクッと膨らみ、息を吐くときにお腹がへこむよう意識して行ってみてください。息を吐ききることに意識を向けると、より効果的です。

  1. あぐらをかく、椅子に座るなど、楽な姿勢で恥骨からおへそまでが床と垂直になるようにします
  2. 鼻から8秒かけてゆっくりと息を吸いながらお腹を膨らませ、顔を上に向ける
  3. 口からスーーと細く長く8秒かけてお腹をへこませながら息を吐き、二重顎になるように顎を引いて下を向く

下を向くときは背中を丸くせず、首の付け根部分をストレッチするよう意識してみてください。首の付け根部分には、リラックスをつかさどる副交感神経の束の根っこが集約されていますので、短時間で質の高いリラックス効果をえられます。

1~3を4回程度繰り返して行ってみてください。

急な「ドキドキ」、動悸・息切れのツボでしずめよう!

続いて動悸・息切れを改善するのにおすすめのツボ「神門(しんもん)」を紹介します。 「神門」は手首にある横ジワの小指側の端部分。少しくぼんでいるところにあります。

<ツボの押し方>
「神門」に、もう片方の手の親指を添えます。そして5秒間、ふーっと息を吐きだしながら、自分が気持ちいいなと思うくらいの強さで押していきます。「神門」は両手にあるので、もう片方の手も同じように5回ずつ行います。

動悸がするなと思った時に、体の力を抜いてリラックスしながら行ってみてください! 

ちょっと変だな……、と感じたら医療機関へ!

更年期は様々な病気のリスクが増えてくる年代でもあります。動悸・息切れだと思っていたら、甲状腺機能障害や、心臓の病気など、他の病気が隠れている可能性も……。症状が頻繁に起こる場合や、辛い場合は、迷わず医療機関を受診しましょう。

教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事
永田京子さん

NPO法人ちぇぶら代表理事 更年期トータルケアインストラクター
1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。
企業や自治体、医療機関などで、延べ3万人以上にプログラムを届けている。
著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。YouTubeの登録者は3.5万人以上。

◇NPO法人ちぇぶら 公式サイト
https://www.chebura.com/

◇YouTube ちぇぶらチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClAWFz5tll4D9e-Op9FlC_w

#更年期障害 #動悸 #息切れ #自律神経 #更年期ケアのNPO法人 #ちぇぶら #永田京子

ふわっと。編集部のおすすめ記事