【更年期の痛みケア】指の関節にこぶができて痛い!更年期に多いヘバーデン結節とは?
教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事

永田京子さん

手の指の関節が腫れて痛い…こうした指の関節の痛みは、40代以降の女性に起こりやすいことがわかっています。なかでも、指先から1つ目の関節が腫れて痛む「ヘバーデン結節」の原因について、更年期ケアの専門家である永田京子さんに伺いました。

手の指の関節の痛み・腫れは40代以降の女性に起こりやすい

手の指の関節が腫れる、痛む、しびれる、こわばって動かしにくい。
さらには指の関節が変形してきた…。

こうした手の指の症状は、40代以降の女性に起こりやすいことがわかっています。多くが「変形性指関節症」によるもの。変形性指関節症とは、関節に痛みや腫れが起こったり、変形したりする病気(変形性関節症)が、指の関節に起こるものです。個人差はありますが、変形して強く物を握りにくくなったりすることもあります。

指の関節のなかでも、変形性指関節症が指先から1つ目の第一関節(DIP関節)に起こったものを「ヘバーデン結節」と呼びます。

結節とは“こぶ”のこと。関節がこぶのように膨らむことがあること、またこの病気を報告した人の名前から、このような名称で呼ばれています。人差し指から小指のどこかに起こることが多く、第一関節に水ぶくれのような膨らみができることもあります。

また、2つ目の第二関節(PIP関節)に起こると「ブシャール結節」と呼ばれます。

発症には女性ホルモンが関係している可能性が

ヘバーデン結節などの変形性指関節症は、関節を構成する骨と骨の間の軟骨がすり減ることで起こります。炎症が起こったり、骨と骨がぶつかって変形したりすることで痛みや腫れが現れます。手をよく使う人に起こりやすいとされています。

なぜ軟骨がすり減るのかは、現時点ではわかっていません。しかし、45歳以上の女性で急激に増えることから、女性ホルモンとの関係が考えられています。45歳から55歳ごろの女性、いわゆる更年期には女性ホルモンが急低下します。その変化が、発症に関連しているのではないかと考えられているのです。

指の関節に気になる症状があれば整形外科の受診を

同じように指の関節に痛みや変形、こわばりが現れる病気としてよく知られているのが「関節リウマチ」です。しかし、関節リウマチは自己免疫疾患であり、ひざや足の関節などに左右対称に現れるもので、変形性指関節症とはちがう病気です。治療法も異なります。

とはいえ、関節に痛みや腫れなどの症状が続く場合は、医療機関を受診することが大切です。整形外科の専門医を受診し、痛みの原因を突き止めて、適切な対処や治療を行うようにしましょう。また、自分でできる対策ケアについてこちらの記事でも紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事
永田京子さん

NPO法人ちぇぶら代表理事 更年期トータルケアインストラクター
1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。
企業や自治体、医療機関などで、延べ3万人以上にプログラムを届けている。
著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。YouTubeの登録者は3.5万人以上。

◇NPO法人ちぇぶら 公式サイト
https://www.chebura.com/

◇YouTube ちぇぶらチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClAWFz5tll4D9e-Op9FlC_w

ふわっと。編集部のおすすめ記事