プレ更年期から知っておきたい! 更年期症状が重い人と軽い人
教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事

永田京子さん

「更年期はとにかくつらいらしい。歳をとりたくない!」更年期前、いわゆるプレ更年期のみなさんはこのように更年期を恐れている人も少なくないのではないでしょうか。更年期の症状は重い人もいれば軽い人もいますし、まったくない人もいます。その違いは何なのか、更年期ケアの専門家である永田京子さんに伺いました。

更年期には女性ホルモンの急低下が起こる

更年期とは、閉経の前5年、後5年のあわせて10年のことを指します。日本人女性の場合は45歳から55歳ごろにあたります。

更年期には、女性ホルモンが急激に減ります。すると、脳のホルモン分泌に関する部分がパニックを起こし、自律神経に乱れが生じます。自律神経は、体温から血圧、心拍、消化など、生命活動の根幹をコントロールしている神経。女性ホルモンの低下と自律神経の乱れというダブルパンチによって、更年期にはさまざまな症状が起こってくるのです。

更年期に起こる症状は多種多様で人によってもさまざま

更年期の症状といっても、どんな症状が出るかは人それぞれです。

更に症状は、月経周期の乱れ、ホットフラッシュ(体のほてり、発汗など、体温調節がうまくいかず暑さを感じる症状)、イライラ、不安、不眠、集中力の低下、動悸・息切れ、倦怠感、肩こり、頭痛、肌や粘膜の乾燥、血圧や血糖値の上昇…をはじめ、200種類あるとも300種類あるとも言われています。

約9割の人が更年期にこうした症状を感じ、なかには仕事に行けない、起き上がれないといった重い症状に悩む方も。このような日常生活に支障をきたすほどの状態を「更年期障害」と呼びます。

一方で、約1割の人はほとんど症状を感じていないとのこと。女性ホルモンの減少は同様に起こるのに、この違いはどこからくるのでしょう?

性格や環境の変化が症状を重くすることも

更年期障害が起こりやすくなる要因は大きく3つあります。

①身体的要因〜女性ホルモンの低下〜

女性ホルモンが急低下・自律神経の乱れが、体や心にさまざまな症状を引き起こします。

更年期以前でも女性ホルモンの変化による症状を経験する人もいます。月経前にイライラ、気持ちの落ち込み、むくみなどの症状が起こる「PMS(月経前症候群)」です。

PMSの症状が重い人は、更年期症状が強く出やすいというデータ*もあります(ただ、PMSの症状が重いと必ず更年期症状が重くなるわけではありません)。

* E W Freeman 1, M D Sammel, P J Rinaudo, L Sheng : Premenstrual syndrome as a predictor of menopausal symptoms : Obstet Gynecol. 2004 May;103(5 Pt 1):960-966.

②心理的要因〜真面目で責任感の強い性格〜

とても心配性だったり、真面目で自分に厳しい人、責任感の強い人などは、更年期障害になりやすい傾向があります。

③環境要因〜更年期には身の周りに大きな変化が起こりやすい〜

更年期は、仕事で責任ある立場に立つことが多い時期。また、子どものひとり立ち、受験、思春期のタイミング、さらには親の介護が重なることもある時期です。

こうした大きな環境変化に体調の不安定さが重なると、どんな人でも何かしら影響が出てくるのは不思議なことではありません。
ただし、プレ更年期の今から対策を知り、備えておくことで、不安を減らして更年期を迎えることはできます。こちらの記事では、更年期を少しでも快適に過ごすためにプレ更年期からできることを紹介しています。参考にしてみてください。

教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事
永田京子さん

NPO法人ちぇぶら代表理事 更年期トータルケアインストラクター
1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。
企業や自治体、医療機関などで、延べ3万人以上にプログラムを届けている。
著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。YouTubeの登録者は3.5万人以上。

◇NPO法人ちぇぶら 公式サイト
https://www.chebura.com/

◇YouTube ちぇぶらチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClAWFz5tll4D9e-Op9FlC_w

ふわっと。編集部のおすすめ記事