喉の渇きや口の乾燥!更年期から「ドライマウス」の原因について
教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事

永田京子さん

女性ホルモンが低下する更年期以降に増える悩み「ドライマウス」。口が異常に乾燥したり、喉の渇きを感じる症状です。ドライマウスになると、口臭が強く感じたり、口が乾燥してネバネバしたり、虫歯が増えたりするので注意が必要です。そこで今回は、更年期の専門家である永田京子さんに、ドライマウスの原因について伺いました。

更年期からドライマウスになりやすい理由

「口の中がカラカラになっている」と感じたことはありませんか?
口の中の乾燥や喉の渇きの不調を実感する状態を「ドライマウス」といいます。ドライマウスは唾液の分泌量が少なくなることで起こるのですが、特に更年期からは症状を感じる方が増えてきます。というのも、女性ホルモン(エストロゲン)が減少すると自律神経が乱れ、唾液の分泌量が減少したり、口の中の粘膜が乾燥しやすくなるからです。また、緊張や不安感など、メンタルの変化も口の渇きに大きく影響します。

唾液のさまざまなはたらき

唾液にはさまざまなはたらきがありますから、ドライマウスを積極的にケアをすることで更年期からのさまざまな不調を防ぐことができます。

・胃腸の負担を軽減し、誤嚥を防ぐ

唾液に含まれるアミラーゼという酵素は、食べ物に含まれるでんぷんを分解してくれます。なので、食事の際に唾液がしっかり分泌されれば消化を助けてくれるんです。更年期には胃腸の不調を感じることも増えますが、よく噛んで食べることで負担の軽減につながります。
また唾液は、食べ物を適度にまとめて飲み込みやすくしてくれます。食べ物が気道に入ってしまう誤嚥(ごえん)を防ぐことができるのは、唾液のおかげです。

・口の中を保護する

唾液が十分に分泌されていれば、口内で舌やほっぺの内側に歯があたってもすべるので傷つきません。しかし、ドライマウスになり口の中が乾燥すると、口の中が傷つきやすくなります。口の中には細菌がたくさんいますから、傷口から細菌が侵入して口内炎になることもあります。

・口の中を清潔に保ち、免疫力を上げる

唾液は口の中を洗浄して清潔にし、口臭や虫歯を予防します。また、口の中に入ってくる細菌やウイルスの増殖を防ぎ、免疫力を高めてくれます。

ドライマウスの予防・改善には「唾液の分泌」を促すこと

日常のちょっとした心掛けで、ドライマウスは予防したり改善することが期待できます。たとえば、しっかりと水分をとることや、食事のときに意識してよく噛むなどでも唾液の分泌は促されます。こちらの記事では、「ドライマウスを予防・改善するマッサージ方法」を紹介しているので、ぜひ試してみてください。

また、ドライマウスだと思っていたら、糖尿病などの他の病気が隠れていたり、薬の副作用である場合もあります。不快な症状が続く場合は、我慢せず医療機関を受診してくださいね。

教えてくれたウェルネスプロ

NPO法人ちぇぶら代表理事
永田京子さん

NPO法人ちぇぶら代表理事 更年期トータルケアインストラクター
1,000名を超える女性たちの調査や医師の協力を経て “更年期対策メソッド”を研究・開発・普及。
企業や自治体、医療機関などで、延べ3万人以上にプログラムを届けている。
著書「女40代の体にミラクルが起こる!ちぇぶら体操(三笠書房)」、「はじめまして更年期♡(青春出版社)」。YouTubeの登録者は3.5万人以上。

◇NPO法人ちぇぶら 公式サイト
https://www.chebura.com/

◇YouTube ちぇぶらチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClAWFz5tll4D9e-Op9FlC_w

ふわっと。編集部のおすすめ記事