更年期の終わりっていつ?

「更年期の終わりってサインがあるの?」「更年期が終わったらどうなるの?」「更年期障害の基準ってあるの?」など更年期の関心が高い方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、管理栄養士・和食ライフスタイリストが、更年期の終わりのタイミングや基準、閉経が早い方の特徴などを解説していきます。

更年期の終わりはいつ頃ですか?

女性の人生は、小児期・思春期・性成熟期・更年期・老年期にわけられます。このうち更年期とは、閉経の前後10年間を言います。

つまり、閉経すれば更年期が終わるわけではなく、閉経後もしばらく更年期が続くのです。

閉経とは?

閉経とは、卵巣の機能が衰えて、月経が全く起こらなくなる状態です。

ただし、月経が止まったからと言ってすぐに閉経だとみなされるわけではありません。12か月続けて月経がなかった場合に、閉経したと判断されるのです。

現在、日本人女性の閉経年齢の中央値は、50.54歳と言われています。

閉経が早い方の特徴はありますか?

閉経が早い方の特徴としては、
・X染色体の異常がある
・家族の中で閉経が早かった方がいる
・自己免疫性の疾患を持っている
・卵巣関係の手術を受けた経験がある
・放射線治療を受けた経験がある
・抗がん剤治療を受けた経験がある
などが挙げられます。ただし、多くの場合は原因不明です。

更年期の終わりがいつなのか基準はありますか?

更年期の終わりの基準は、特にありません。なぜなら、更年期を抜け出したという感じ方はヒトそれぞれ違うためです。つまり、明確に基準を設けるのが難しいのです。

女性の身体は、女性ホルモンであるエストロゲンが急に減った状態に、徐々に慣れてきます。そのとき、更年期が終わったと感じるでしょう。

更年期障害は全員に起こるのですか?

更年期障害は、発症に個人差があり、全員に起こるとは限りません。更年期障害の症状は次の3つあります。1つずつ解説していきますね。

1:身体的症状

身体的症状としては、頭痛・腰痛・急にほてりやのぼせが起こるホットフラッシュ・めまい・大量の発汗・胸の痛み・寒気・冷え・息苦しさ・動悸・肩こり・疲労感、などがあります。

これらの症状は、自律神経失調症によく似ています。そのため、更年期障害と自律神経失調症を見分けるのは難しい場合が多いです。

2:精神的症状

精神的症状には、大きく2つあります。1つ目は、いらいらしたり怒りっぽくなったりと情緒不安定になる症状です。

2つ目は、涙もろくなったり食欲が低下したりと抑うつ状態になる症状です。

3:そのほか

そのほかの症状としては、次の4種類が挙げられます。

下痢・吐き気・便秘・食欲不振、などの消化器の症状、湿疹・乾燥・かゆみ、などの皮膚粘膜の症状、外陰部の違和感・排尿障害・頻尿、などの泌尿生殖器の症状、筋肉痛・むくみ・手のこわばり・しびれ・関節痛、などの運動器の症状です。

更年期障害の症状は閉経前と後で異なるのですか?

はい、異なります。閉経前と閉経後の症状をそれぞれお伝えします。

閉経前の症状

身体的症状には、耳鳴り・のぼせ・血圧が上下する・顔の火照り・息切れ・脈が速くなる・動悸・異常な発汗・頭痛・めまい、などがあります。

そして、精神的症状は、うつ状態になる・興奮する・眠れなくなる・いらいらする・不安になる、などです。

閉経後の症状

閉経後には、閉経前の症状が引き続き起こり、更に次の症状も現れます。それは、無気力感、などの精神的症状と目やのどの粘膜の異常・尿失禁・膀胱炎・腰や膝の関節痛、などの身体的症状です。

更年期障害の症状が重くなる方の特徴はありますか?

更年期障害の症状が重くなる方の特徴としては、早期閉経が挙げられます。

早期閉経である方は、そうでない方に比べて気分にむらがある・眠れないなどの心理的、そして性的な症状を発症する可能性が高く、より重度であるという研究報告があるのです。

更年期障害の診断基準はあるのですか?

更年期障害の診断基準は、明確には定められていません。診断上、留意する点はありますが、必ずしも当てはまるわけではないというのが現状です。診断の目安となるポイントを解説します。

診断目安1:患者さんの年齢

多くの症状が現れて受診された女性が、更年期の年齢であれば、更年期障害の可能性が疑われます。

診断目安2:4つの因子が当てはまる

・精神的および心理的な要因がある
・卵巣機能が低下している
・社会環境的な要因がある
・加齢によって身体的な変化があった
これら4つの因子に当てはまるかどうかも確認します。

診断目安3:症状の原因

主な症状の原因として身体に明らかな疾患がないとされた場合も、更年期障害の診断目安となるでしょう。

更年期が終わった後はどうなるのですか?

冒頭で述べた通り、女性のライフステージは、更年期が終わると老年期に移ります。

老年期では、老化の進み具合は個人によって差があるものの、老化に伴って身体的・精神的な変化が現れたり、生活習慣病を発症する可能性が高くなったりするのです。その際に、各個人がそれぞれに合った医療を受けられる体制があるのが望ましいですね。

いつ更年期が終わるのかは人によって異なる!

更年期はいつ終わるの?そう思われている方に、更年期の終わりの目安・更年期に起こりうる更年期障害の症状や診断の目安・更年期後のライフステージについて解説しました。

更年期は誰にでも訪れる人生のステージの1つで、終わりには個人差があります。更年期の女性の状態を知って、向き合っていけるとよいですね。

監修者

町田 一葉

▼保有資格:管理栄養士、栄養教諭、和食ライフスタイリスト
▼経歴:近畿大学農学部食品栄養学科卒業、大手食品メーカー開発5年、介護食メーカー開発4年
管理栄養士の資格を生かし、メーカーで開発業務に携わって約9年。今年、妊娠出産を経験し、現在0歳児の子育てを毎日楽しんでいます。子育てをしながら様々な新しいことに挑戦し、エステティシャンとしても活動中です!

【参考文献】
昭和学士会雑誌|昭和学士会誌第77巻第4号|最近の更年期障害の管理|
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshowaunivsoc/77/4/77_367/_pdf/-char/ja

埼玉医科大学病院産婦人科|早発卵巣不全|
https://clinicalsup.jp/jpoc/contentpage.aspx?DiseaseID=1759&SearchTerm=%E7%97%87%E7%8A%B6%E3%83%BB%E7%96%BE%E6%82%A3&SearchText=%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89

厚生労働省|e-ヘルスネット|更年期障害|
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/heart/yk-081.html

National Library of Medicine|早期卵巣不全の女性の更年期症状:有病率、重症度および関連因子|
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33470756/

厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業)高齢者に対する 適切な医療提供に関する研究(H22-長寿-指定-009)研究班|高齢者に対する適切な医療提供の指針|
https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/proposal/pdf/geriatric_care_GL.pdf

ふわっと。編集部のおすすめ記事