手の冷え、脚のむくみとさよなら!血流を促す「ヒハツ」エキス配合サプリ

手足の冷えにアプローチする「ヒハツ」とは

株式会社白鳥ウェルファーマは、「ヒハツ」エキスを配合したサプリメント「すらぽか」を2022年5月1日より発売する。手足の冷えが気になる女性をサポートする。

コショウ科の植物ヒハツには、血管やリンパ管の働きを正常に整える効果があると報告され、近年話題になっている成分だ。同サプリメントは、ヒハツ由来のピペリン類を含み血流を促すことで、手の皮膚表面温度の低下、脚のむくみなどにアプローチする。

実証実験でも高い効果を証明

同社の女性30名を対象に行った試験でも、ヒハツ由来ピペリン類120マイクログラムを摂取した後、10分間18度の水に手をつけて血流と体温を測定したところ、摂取していない状態と比較して皮膚表面温度、末梢血流量ともに高い状態を維持していることが明らかになっている。

また椅子に座り6時間過ごすという試験でも、ヒハツ由来ピペリン類を摂取することで、脚のむくみが緩和される結果となった。

現代女性は、冷えやむくみに強い不快感を持つ傾向にある。それによる疲労感も倍増することが分かっており、約8割の女性が脚の疲労感覚はむくみに伴う感覚であると回答している。

同社はこれまでも、「ヒハツ由来ピペリン」に着目しサプリメントだけでなく化粧品の「めぐりんぱシリーズ」も展開している。

(画像はプレスリリースより)

株式会社白鳥ウェルファーマのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000024484.html

白鳥ウェルファーマ公式サイト
https://www.shiratori-wellpharma.co.jp/

ふわっと。編集部のおすすめ記事