マイボイスコムが「食の多様性」に関するインターネット調査を実施

多様な食のスタイルへの関心、「ある」が19.0%に

マイボイスコム株式会社が6月1日から6月5日にかけて、「食の多様性」に関するインターネット調査を実施、その結果を6月29日に発表している。

同調査において、『多様な食のスタイルについて、関心がありますか?』と質問したところ、「関心がある」という回答が全体の5.1%、「やや関心がある」が13.9%で、「ある」と回答した人が全体の19.0%を占める結果となった。

また、『多様な食のスタイルで、直近1年間に実施したものはありますか?』と聞くと、「直近1年間に実施したものはない」が82.9%で、次いで「糖質制限、ローカーボ」が9.1%、「無添加主義・オーガニック主義」が4.4%などとなっている。

期待する効果、「ダイエット」が33.7%

『実施してみたい多様な食のスタイルに、期待する効果はありますか?』と質問すると、「健康維持」との回答が60.4%で最多となり、「体調不良の改善、体の悩みの改善」が40.8%、「免疫力の向上」が40.7%、「ダイエット」が33.7%などとなった。

また、『フリーフロム食品を直近1年間に購入しましたか?』という質問では、「糖質ゼロ、低糖質の食品・飲料」との回答が最も多く26.5%、「遺伝子組み換え作物不使用」が22.1%、「砂糖不使用」や「無添加(オーガニック)の食品・飲料」がそれぞれ10%台になっていることが分かった。

(画像はプレスリリースより)

マイボイスコム株式会社 「食の多様性に関するアンケート調査」
https://myel.myvoice.jp/

マイボイスコム株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001200.000007815.html

ふわっと。編集部のおすすめ記事