お箸で食べられる、進化したオートミールごはん、ケロッグより発売

粒感しっかり オートミールごはん

日本ケロッグ合同会社は、「ケロッグ オートミール」ブランドから「粒感しっかり オートミールごはん」を発売すると2022年9月14日に発表した。ふっくらモチモチとした、炊きたてごはんのような粒感が特徴だ。

ごはんのように食べられる

同製品のオーツ麦には、ロールドオーツ麦2種類を配合している。粒が大きく歯ごたえのある麦と、甘さと粘り気、モチモチ感がある麦を混ぜることで、炊きたてのごはんのような食感を再現した。水に1分浸し、レンジで1分30秒温めるだけなので調理も簡単だ。

一般的にオートミールは、ごはんの代わりにお粥やリゾットのようなアレンジであったが、同製品により炊きたてのごはんのようにお箸で食べることができるため、茶碗によそって食べるほか、カレーや丼ものなどバリエーション豊かな食べ方が可能だ。

豊富な食物繊維と糖質オフ

同社ではこれまで「ケロッグ オートミール」、「ケロッグ プロテイン オートミール」などを展開している。今回の新製品も含めオートミールには発酵性食物繊維が含まれており、白米と比べて食物繊維が6倍、糖質は60%オフとヘルシーな食材だ。

ダイエットはもちろん、健康や糖質が気になる中高年にも、日々の食習慣に活用できる。ケロッグ オートミール レシピサイトでは、同製品を使ったアレンジレシピも多数紹介しており、参考にできる。

(画像はプレスリリースより)

日本ケロッグ合同会社のプレスリリース
https://www.kelloggs.jp/ja_JP/home.html

ふわっと。編集部のおすすめ記事