睡眠不足や睡眠負債に注目した『ネスカフェ ブース』が大宮駅で営業をスタート

多忙な現代人をサポートするワークブース

ネスレ日本株式会社と東日本旅客鉄道株式会は、2022年6月30日(木)から2022年12月31日(土)までの予定で、大宮駅構内に『STATION BOOTH supported by ネスカフェ 睡眠カフェ(以下、ネスカフェ ブース)』をオープンする。

同ブースは、日本人の睡眠不足や睡眠負債に注目したワークブースで、コーヒーを楽しんだ後にリラックスタイムをつくることで頭をシャキッとさせ、その後のパフォーマンスを向上させることを目指す。

営業時間は10:00から20:45まで(ただし、6月30日(木)のみ営業時間は14:00から20:45まで)、設置場所は大宮駅構内「Eki Tabi MARKET」内STATION BOOTH エリア。

15分当たり330円で、リクライニング機能付きレザーチェア、「ネスカフェ」のコーヒーやお水のサービス、サイドテーブル、電源、USB、専用Wi-Fiを利用することができる。

STATION WORK の個人会員と法人会員は、クレジットカードや交通系ICカードなどで決済可能。一般の決済方法は、Suica などの交通系電子マネーに限定される。6月29日(水)18:00から予約がスタートする。

簡単操作で淹れたてのコーヒーを楽しもう

『ネスカフェ ブース』内では、「AQUA WITH/ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ アイ」で淹れた本格的なコーヒーを楽しむことが可能。この機材は、カプセル式のコーヒーメーカーとウォーターサーバーが1つになった一体型マシンとなっており、冷水、温水、コーヒーが1台で楽しめる。

(画像はプレスリリースより)

ネスレ日本株式会社 プレスリリース
https://www.nestle.co.jp/

東日本旅客鉄道株式会社 プレスリリース
https://www.jreast.co.jp/press/2022/20220616_ho01.pdf

ネスレ日本株式会社 商品情報サイト
https://shop.nestle.jp/front/contents/aquaclara/