マクアケに昭和西川が新開発した快眠サポートマットレスが登場

上質な睡眠環境を提案

昭和西川株式会社は、7月29日(金)より応援購入サービス「Makuake」にて、新開発の快眠サポートマットレス“threeproom(スリープルーム)”のプロジェクトをスタートした。

人生の1/3を費やす睡眠。同商品はその環境を向上させるため、快適な睡眠を支える寝返りサポートや体圧分散に優れたマットレスだ。

プロジェクト実施期間は9月26日(月)までで、10月からは直営サイト「西川ストアONLINE」にて発売予定だ。

寝姿勢を楽に負担を軽減

スリープルームの提案する快眠の秘訣は、「横向き寝と寝返りのしやすさ」、「寝ている時の身体への負担を軽減」、「就寝時の発汗でも蒸れない通気性の確保」の3つ。

横向きで寝ても肩口が低反発ウレタン部分に接し、ストライプ形状が肩にフィットするので身体の歪みが生じづらく、頭部・腰部は高反発で寝返りもスムーズだ。

独自開発の『ゾーニング構造』が身体の曲線にフィットし、横向き寝でも肩と腰部分の体圧分散を可能にした。

表面は特殊な凹凸構造で、就寝時の汗や湿気、熱がこもりにくく、側地は通気性の良いメッシュ素材を使用し、取り外して丸洗いもできる。

(画像はプレスリリースより)

昭和西川株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000031377.html

threeproom(スリープルーム)Makuakeプロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/threep-room/

ふわっと。編集部のおすすめ記事