39Design pillow ×ジャパンオリエンタルメディカル、共同開発の枕

まくら物語 ファーストクラスピロー

39Designは、「カラダの使い方研究所」を展開するジャパンオリエンタルメディカル株式会社とのタイアップとして「まくら物語 ファーストクラスピロー」を開発したと2022年8月23日に発表した。

枕に触れる部分全てをホールド

今回開発された枕は、頭、頚椎、胸椎、肩甲骨、胸、肩、顔など、枕に乗る部分の隙間が埋まるように、高低差をつけたデザインとなっている。

仰向け、横向き、うつ伏せなど、どのような姿勢でもやさしく体を支えてくれるのが特徴だ。

頭部をしっかりと支え、背骨に負担がかからないように設計されており、全身は立っているときのような自然な姿勢を維持できる。寝心地が良くなることで、睡眠の質向上も期待できる。

理想の体づくりを支える枕

整体サロンを運営する「カラダの使い方研究所」のオーナーである阿立祐士氏は、サロンの顧客の中に枕の高さが合わずよく眠れないと悩む人もいたこともあり、枕づくりを長年の夢としていた。

そこで、39Designが開発をサポートし、睡眠時の理想的な体づくりのために試行錯誤を繰り返し、今回の商品が完成した。現在同商品はMakuakeで公開している。

(画像はプレスリリースより)

39Designのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000019595.html

ふわっと。編集部のおすすめ記事