「私たちのフェミニンケア」知ろう、語ろう、始めよう。
教えてくれたウェルネスプロ

保健師

蔵多のり子さん

教えてくれたウェルネスプロ

ふわっと。編集者

太田尚代

デリケートゾーンのケア=フェミニンケアについて、興味があっても知る機会がなかった方のために、保健師としてフェミニンケアに携わってきた専門家・蔵多のり子さんに ふわっと。の編集者が読者の一人としてあれこれとお話をうかがいましたよ。

オープンに語られつつある昨今、若い人はオープンに、大人世代にも浸透中

太田:フェミニンケアはいわゆるデリケートゾーンに関わるケアですよね。最近注目される中、特にフェムテック、フェムケアという言葉が聞かれるようになりましたよね。

蔵多:そうですね。Female(女性)の健康課題をTechnology(テクノロジー)で解決しようという取り組みがフェムテック。Female(女性)特有の健康や体をCare(ケア)する造語がフェムケアですから、女性の健康に高い関心が寄せられることはいい傾向ですね。

太田:蔵多さんは実際に女性の方々と接する機会を通じて、フェムケアが進んでいる手応えはありますか。

蔵多:実態としてはつかめていないですね。大手百貨店や放送局、出版社などがフェムケアの企画をして世の中の動きが変わってきているなと感じる一方で、「私、やってます」という声を聞く機会はまだ少ないんです。

それでも若い世代、20代の女の子達は割とオープンに話していて、友達同士で情報交換も。だから世代間でかなり違いはありますね。

太田:わかります。私は今58歳で、3年前初めてフェミニンケアの講座に参加した際、「自分の大切なところを鏡できちんと見たことがありますか」って聞かれて、「え!?ちゃんと見たことない、私」ってすごく衝撃を受けたことを覚えています。50代が育ってきた環境に、デリケートゾーンに真っ直ぐ向き合う感覚は欠けていました。

蔵多:私も同じですよ。活動を始めた当初は医療従事者でありながら、自分のデリケートゾーンを見たことも触ったこともない。「これじゃ駄目だよね」というところからスタートしましたから。

膣まわりのこと、どれだけわかる?まずは名前や仕組みを知っておこう

蔵多:女性器は外から見えるところにまず大陰唇、その内側に保護している小陰唇があって、それらを被うように陰毛があります。そして小陰唇に被われている前方に陰核という突起物、いわゆるクリトリスがあって、その先端部は男性の陰茎(ペニス)の亀頭に相当します。

クリトリスの下に尿道、その下に膣があり、膣口から肛門までの間を会陰といいます。では女性には穴が何個あるか、知ってます?

太田:鼻2つ、口、耳2つ、膣、尿道、肛門、8個ですか。

蔵多:目もそうですよ。ですから女性は10個で、男性は膣がないので9個です。その10個の穴は全部潤っている場所、粘膜で被われている場所なんです。

太田:あ!確かに。

膣と粘膜は密接な関係だからこそ、洗浄と保湿の正しいケアをルーティンに

太田:デリケートゾーンは年齢を重ねるとどう変化して、実際に何が起こるのか教えてください。

蔵多:膣は基本的に筋肉ですが、表面は粘膜に覆われて潤っています。この膣粘液は、膣の自浄作用を持っていて病気を防いでくれているんです。

それが年齢とともに分泌が減少してくると膣が乾燥してきます。感想すると固くなり、ひいては緩んできます。それが膣周りの痒みや炎症を引き起こし、膣内や子宮内の病気にかかりやすくなります。症状として多いのが、痛みや痒み、不快感、性交痛、においなどです。また収縮や緩みによって内臓が落ちてくると、子宮、膀胱、直腸といった臓器が外に出てくる女性特有の病気もあります。

太田:痒み、においにとどまらず、深刻なことにもなりかねないですね。

蔵多:ですからフェイシャルケアと同様にデリケートゾーンのケアも大切ですし、ケアによって体の内側全体から潤いが保てるんです。

なぜかと言うと、皮膚からの吸収率(経皮吸収率)が体の部位によって全然違うから。例えば二の腕を1とすると、お顔は13倍ぐらい、デリケートゾーンは42倍ともいわれているんです。

太田:膣周りからぐんぐん吸収してしまうとしたら、洗浄液にしても保湿剤にしても、なんでもいいとは思えないですね。顔に使うケア製品には意識も向くし、お財布も緩みがちですけど。

蔵多:粘膜で被われている膣周りはさらにデリケートですから、お顔には洗顔フォーム、髪にはシャンプーと使い分けているように、膣周りにも専用の弱酸性系洗浄液を使ってくださいね、とお伝えしています。

もちろん保湿もデリケートゾーン専用の保湿剤(オイル)をお使いいただきたいですね。

イギリス発オーガニックブランド「YES」のデリケートゾーン専用のソープ(左)とローション&ジェル(右)
女性ホルモン・エルトロゲンの一種であるエストラジオール高配合オイル。
「専用ケアに」と蔵多さんイチオシ。120ml/16,500円 30ml/4,950円(税込)

※蔵多さんから教えていただいたデリケートゾーンの具体的なケア方法について連載記事も掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

フェミニンケアの記事vol.1を読む

欧米で愛用者が多い月経カップは、人にも地球にもやさしい第三の生理用品

太田:蔵多さんはフェムテックの一つとして、膣の中に入れて経血をためておく月経カップを薦めていますよね。

蔵多:欧米の女性たちには浸透している月経カップですけど、これまで日本の女性にはサイズや材質のフィット感が今ひとつだったんです。でもアジア女性向けに開発された製品が登場してきて、使い勝手は格段に上がったと思います。

太田:薦められるポイントはなんでしょう。
蔵多:まず経血が体外に出ない快適さです。経血が肌に付着したりナプキンで蒸れたりすることによる、カブレや痒みが生じにくくなり、特有のにおいからも解放されますよ。シリコン製で5年〜10年使えるのでお財布にも優しいですし、ゴミも出ないSDGsのアイテムです。

実物はコロンと可愛く、初心者でも使いやすい

アジア女性向けの月経カップ「Full moon girl」は、先端部分が内側に折りたたまれて経血を漏らさない仕組み

太田:とっても柔らかく、小さくて可愛い。生理用品に見えないですね。

蔵多:お持ちしたタイプはレギュラーサイズの20ccとスモールサイズの10ccです。経血の量が多い方はラージサイズもあります。

ナプキンを取り替える手間がなくなるなんて嬉しいですよね。

太田: 10cc、20ccの容量でカバーできるなんて、経血ってもっと多いと思い込んでいました。ナプキンケアだと自分の経血の量を知らないまま過ごしているんですね。

蔵多:それからこの月経カップは電子レンジで殺菌できる点も簡単でいいんです。使い方はお教えしていますので少しずつ試してみていただけたらと思いますね。また、災害時の避難用品に加えておくと安心じゃないでしょうか。

話しやすい環境を作ってフェムケアをポジティブに。性別を超えて相互理解を

太田:1つ思うのは、蔵多さんのようにセルフケアのことを聞ける専門家の方をもっと身近に感じられたらいいなって。

私は以前、VIO脱毛をしたいと思いながら「デメリットってあるのかな?」ってモヤモヤしていたんです。そんな時に蔵多さんと出会って、聞いてみたら全然デメリットは無いって聞いて。それで晴れ晴れとした気持ちで脱毛できましたから。

蔵多:病気のことじゃないと、お医者さんに行って聞くのは敷居が高いかもしれませんね。その点で私は日常に寄り添うような立場ですので、お悩みやケアに役立てていただけたらと思って取り組んでいます。

太田:こうして明るく膣周りのことを話していますが、少し前だったら「いやらしい、恥ずかしい話」と思われて遠慮するムードだったし、「アソコ」なんて隠微な言い方もされてきましたよね。

蔵多:男性は幼い時から「おちんちん」「たまたま」とか可愛らしく疑人化しますが、女性器はそういう表現がない。可愛らしい表現があったら素敵ですよね。

太田:フェムケアのお話を聞いてきて、私は自分の体のことを知らな過ぎるなと思う一方で、知るとすごく自分の体に興味が湧くし、もっと知りたいし、女性同士で語り合いたいなって思いますね。

蔵多:デリケートゾーンは、まず人と比べないでと伝えたいです。可愛くないんじゃないかとか、色とか形とかね、みんな違っていいんです。

女性はその一生をホルモンによってバランスを取っていますから、自分の体がどう変化していくかをある程度知れば、変化に気づいて適正なケアができます。

外見の美に意識が向かいがちですけど、外側が綺麗であるためには体の中から綺麗で元気じゃないと。

太田:最近少しずつ社会が変わってきて、私も女性のからだに関する企画や自身の話をすることで何か役に立ちたいですし、環境を変えていきたい気持ちがあります。

男性にも興味を持っていただくのはいいですよね。

蔵多:最近は男性の意識の変化を感じることもありますよ。

男女混合でフェミニンケアの話をした時に、男性から「これって男も知っておいた方がいいよね。妻にも伝えたい」って言葉をいただいたんです。パートナーや会社の上司など男性がフェムケアに理解を示すことが、働く女性にとってどれだけ心強いか。

太田:本当に。大切なことを明るく語れる場やムードを作っていきたい、そう思います。

教えてくれたウェルネスプロ

教えてくれたウェルネスプロ

保健師
蔵多のり子さん

一般社団法人まちの保健室(神奈川県鎌倉市)代表理事 
保健師、養護教諭1級、看護師 シニアメノポーズカウンセラー
HOY HAND ACADEMY 整体コース及びリクレクソロジー終了
バンコク ワットポー・タイ古式マッサージ取得
ティラヴィ アカデミー卒業 マザーズタッチセラピスト取得
音声心理士 日本抗加齢医学会会員

一般社団法人まちの保健室 公式ホームページ
https://mn-hokenshitsu.or.jp/

#フェミニンケア #フェムテック #フェムケア #女性の健康課題 #膣ケア #女性ホルモン #蔵多のり子 #まちの保健室