【夢診断】「喧嘩する夢」あなたが見た夢の意味とは

無意識の心を反映しているともいわれる夢。あなたが見た夢の意味が気になったら、ぜひ参考にしてみて。

あなたが見た喧嘩する夢について、当てはまるシーンを1つ選んでください。

友達や親友と喧嘩する夢

友達や親友と喧嘩する夢は、友達本人のことではなくあなた自身のことを暗示しています。夢の中で友達の態度がどうだったか、思い出してください。
態度が悪くイラついている様子がはっきりと感じられれば、現実でも友達があなたのことを感情的で怒りやすい人、と認識している可能性があります。夢の中の同友達に不快感を覚えた場合は、あなたの友達が同じような思いをしていると考えて良いでしょう。

両親と喧嘩する夢

両親と喧嘩する夢は、仕事運や家庭運の上昇を告げる夢なので安心してください。父親に対して強く言い争った場合は、経済的に自立したい気持ちが、母親と強く言い争った場合は、精神的な面で自立したい気持ちが表れています。
実際に両親と仲が上手くいっていないときも、両親と喧嘩する夢を見ることがありますが、この場合は日常が夢になっただけで特に深い意味はありません。

姑と喧嘩する夢

姑と喧嘩する夢は、実際に姑に対しての不満が募っている、精神的に緊張状態を表している暗示です。直接姑に言えない気持ちを夢の中の喧嘩で発散させて、心のバランスを保とうとしています。夢が現実になって姑との関係が悪化するという意味はありません。

小さな子と喧嘩する夢

小さな子と喧嘩する夢は、自分自身の幼さを表し、もっと大人になるべきだという夢からのメッセージです。普段の自分の言動に関して、幼い部分があると気づき、年相応のふるまいをしないといけない、と焦りを感じている表れです。

実際に子供がいる場合は、家庭に問題が出てくる意味もあります。パートナーや子供とコミュニケーションがとれているか、自分の行動を見直してみましょう。

目上の人と喧嘩する夢

目上の人と喧嘩する夢は、仕事上でトラブルが起きる可能性を示す凶夢です。
そしてそれらのトラブルが元で不満やストレスを抱えることになるという暗示もあるので、体調を崩す可能性があります。
この夢を見た際には、冷静になることが必要です。この夢ではあなたが正しい選択をできない恐れがあることを示しているため、注意しましょう。

付き合っている人と喧嘩する夢

付き合っている人と喧嘩する夢を見ると、相手への不満や近々関係に亀裂が入り別れにつながるのでは、と不安になる方も多いでしょう。しかし、この夢が指しているのは二人の愛が深まる予兆です。喧嘩の激しさは愛や絆の深まりを意味します。

見ず知らずの人と喧嘩する夢

見ず知らずの人と喧嘩する夢は、相手が同性か異性かで内容が変わりますが、どちらの性別でも運気アップの予感です。
見ず知らずの人が同性の場合は、自分の短所への怒りと、短所を改善したい気持ちを表しています。自分の殻を打ち破る兆候でもあり吉夢といえます。
見ず知らずの人が異性の場合は、恋愛運上昇の兆しです。夢の中での異性が恋の相手というわけではありませんが、新たな恋の訪れを期待しても良いでしょう。

恋人の浮気相手と喧嘩する夢

恋人の浮気相手と喧嘩する夢は、現在付き合っている相手に自分以外の異性の影が見えていて、この状況を解決したい苛立ちを表しています。

恋人が浮気をしていない場合は、自分に自信がなく、「浮気されるかもしれない」「いつか誰かに取られてしまう」と悩んでいるときに見る夢でしょう。

兄弟と喧嘩する夢

兄弟と喧嘩する夢は、対人関係が良好になる吉夢です。夢の中の兄弟は、何等かを競い合うライバル関係を表し、その相手と喧嘩でぶつかり合うことで、お互いのわだかまりが取れて、良い方向に向かうことを暗示しています。
今まで良い印象を持っていなかったライバルでも、不意に気が合うことが分かり親しい間柄へと変わっていくこともあるでしょう。

会社の同期と喧嘩する夢

会社の同期と喧嘩する夢は、職場の人間関係で変化が起こることを教えてくれています。喧嘩に勝った場合は特に、今抱えている問題が解決に向かい、仕事運アップが見込めます。今の仕事内容や会社での立場など、良い方向に変化する可能性があります。
会社の同期との喧嘩に負ける夢は、会社の同期が転職して会社を去ったり、逆にあなた自身が転職したりする可能性を示唆しています。自分か同期の誰かが欠けて、職場環境に変化が起こるという意味があります。

亡くなっている人と喧嘩する夢

亡くなっている人と喧嘩する夢は、経済的な危機を迎える事態が迫っている暗示です。金銭が原因で両親や兄弟姉妹、親戚など血縁関係のある人物ともめる可能性が近々出てくる可能性があるでしょう。
心当たりがある方は事が大きくならないよう注意しましょう。

恋人の元カノと喧嘩する夢

恋人の元カノと喧嘩する夢は、単純に元カノへの嫉妬で見る場合と、あなたの心が不安定でネガティブな状態であることを伝えている場合があります。
元カノへの嫉妬の場合は、いくら考えても過去の人は過去の人なので、不満を感じても仕方ない部分だと割り切りましょう。
後者の場合は、自分を好きになる努力をしましょう。恋人がいるのであれば、あなたの良さを分かって付き合っているといえるので、もう少し自分に自信をもって良いと考えることをおすすめします。

元カレと喧嘩する夢

元カレと喧嘩する夢は、新しい恋の訪れ、現在恋人がいる場合は二人の絆が深まる兆候です。元カレとの喧嘩の夢など、夢見が悪く気分の良いものではありませんが、悪い夢ではないので安心してください。
昔の恋愛にはっきりと区切りがつき、新しい恋愛に心が向かっているということです。意中の相手がいる場合は積極的にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

苦手な人と喧嘩する夢

苦手な人と喧嘩する夢は、現実で苦手な人を強く意識している証拠であり、夢の中で喧嘩することによってそのストレスを発散しているともいえます。
現実で相手に対して嫌な態度を取ったり、罵倒してしまったりする可能性もあるため、苦手な人とはできるだけ距離をおくことをおすすめします。また、心の余裕を持つために、しっかりと休養を取ることも検討しましょう。

有名人と喧嘩する夢

有名人と喧嘩する夢は、目立ちたいという気持ちが強く、名声や成功に拘る自分に対して嫌気がさしているときに見る夢です。また、自分よりも成功している人や輝いていると感じている人に対して嫉妬心を抱えているときにも、この夢を見ます。
周りから認められたい、称讃されたい、などの気持ちが高まっているため、他者からの評価を上げることに悩まされています。人の評価が判断基準にあるとどうしても同じような悩みやストレスを抱える可能性があります。
この夢を見るときは、自分の弱い内面と向き合う時間が必要だという変化のサインです。周りの評価を意識しすぎず、自分を知り、自分の能力を伸ばす方法を考えましょう。

学校の先生と喧嘩する夢

学校の先生に対して、口うるさいイメージの人もいれば、優しく尊敬できるイメージの人もいるでしょう。ただ、夢の中に登場する先生は、あなたを抑制する力に対して不満を持っていることを表しています。
抑制する力は人それぞれ違いますが、例えば、厳しい両親や恋人の束縛、職場の方針などがあるでしょう。気分転換をして、楽しみを得る時間が必要といえます。

喧嘩した後の結末のパターンと意味8選

最後に、喧嘩した後の結末のパターンと意味8選について紹介していきます。喧嘩して仲直りしたのか、別れてしまったのか、喧嘩に勝ったのか負けたのか、など喧嘩した後の結末によっても、夢の意味は変化します。喧嘩の状況を思い出してみてください。

1:仲直りする

喧嘩後、仲直りする夢は、良い結末を迎えているため吉夢と感じられますが、実は問題が解決しないことを暗示しています。今抱えている問題をそのままにしておくと、さらに深刻な状況に陥っていくでしょう。
夢の中の喧嘩が激しかった場合は、大きな問題に膨れる可能性があるということです。この夢を見たときは、物事を安易に考えず、状況を改善する努力を怠らないようにする必要があります。

2:別れてしまう

喧嘩の末別れてしまう夢の場合は、本当の別れが待っているわけではなく、喧嘩別れした相手との関係性が深まることを暗示しています。
喧嘩相手が恋人だった場合は、今よりも強い絆で結びつくでしょう。友人であった場合は、共通の趣味ができるなど今以上に仲良くなる兆しです。

3:喧嘩に勝つ

喧嘩に勝つ夢は、今抱えている問題に打ち勝つ意味であり、ストレスから解放される吉夢です。毎日何かしら憂鬱なことを抱えていて、モヤモヤした気持ちを持って過ごしていた人は、悩みごとが消える可能性があります。

4:喧嘩に負ける

喧嘩に負けてしまう夢は、物事が上手くいかず悪い状態に陥ったまま、問題を解決したいのにそれが叶わない、という暗示です。落ち込みすぎず、悪いときは悪いものだ、と割り切って過ごしましょう。
また、この夢には、状況は好転しにくいため焦って無理に状況を打破しようとはせず、心や体の休息時間を設けたほうがいいという意味もあります。凶夢のときは一人の時間を過ごす
凶夢を見る場合もあります。
葬式のシーンなどホラーのような凶夢を見てしまったときは、心が疲れていて精神的エネルギーが足りていない可能性があります。やる気や向上心が出なくて落ち込んでしまっていないでしょうか?
そんな時は、一人でゆっくり休み、疲れを取り、エネルギーをチャージするのがおすすめです。少し休んだ後に、自分の趣味や得意なことをして本来の自分を取り戻しましょう。

5:殴り合いになってしまう

はじめは口喧嘩だったものが、いつの間にか殴り合いの喧嘩に発展していた、という夢を見たときは、人間関係や恋愛運の上昇を意味します。
殴り殴られるというのは、大きなエネルギーをぶつけ合うことであり、喧嘩が激しければ激しいほど運気が高まっていくという吉夢です。殴りあったとき、相手が同性であれば人間関係が、異性であれば恋愛運がアップする予兆です。

6:泣いてしまう

喧嘩の後に泣いてしまう夢は、今抱えている悩みが解決することを暗示しています。また、運気上昇の前触れでもあるため、悪い方向にとらえる必要はありません。
喧嘩をした相手が職場の人であれば、仕事が上手く行き始める傾向があります。両親や兄弟姉妹であれば家庭運が、恋人であれば恋愛運がアップしていくでしょう。

7:家出する

喧嘩の末家出する夢は、自立したい強い気持ちを表しています。親など誰かに管理されている生活に嫌気がさしているといえます。この夢を見たとき運気は上昇しているので、自立するために、何かしら行動を起こしたほうが良いでしょう。
ただ、単なる現実逃避が夢に出てきていることもあるため、この場合は本当に自立したいのか、自分の我儘が叶わない状況が嫌なだけなのか見極めましょう。様々な困難に立ち向かえるだけの強さがなければ、まだ自立のときではないといえます。

8:仲裁する

喧嘩を仲裁する夢は、自分の後ろ向きな部分をなだめて、心のバランスを保とうとしている意味があります。大きなストレスがありつつも、穏やかに過ごせるように自分でコントロールしている状況です。
とはいえ、大きな負荷がかかっている状態なので、何かしらリフレッシュを計ったほうが良いでしょう。この夢を見たときは、自分が無理していることに気づき、自分を甘やかす時間を作るように努力してください。
また、特に不安やストレスを感じていないときにこの夢を見た場合は、誰かを助けたい気持ちに溢れているときです。ボランティア活動などしてみても良いでしょう。


喧嘩する夢のサインを知って日常生活を振り返ってみよう

喧嘩する夢が示すサインとは何か、喧嘩する夢のパターン16選と結末の意味についてなど紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

喧嘩する夢を見たときは、嫌な気持ちに陥ってしまうこともあるでしょう。喧嘩をした相手によっては「やっぱり嫌いな相手だから夢にまで出て来たのか」「夢にまで出てこなくていいのに」と憂鬱になる可能性もあります。
しかし、喧嘩する夢は吉夢であることが多く、今抱えている悩みを解決できる時期が来た表れであるケースが多いのです。否定的にとらえる必要はなく、喧嘩する夢のサインを知って日常生活を振り返ってみましょう。

ふわっと。編集部のおすすめ記事