ゴルフインストラクターYouTuberのもちけんさんに聞く 幅広い世代が楽しめる生涯スポーツ「ゴルフ」の始め方

子どもからお年寄りまで、幅広い年代の人たちが楽しめるゴルフは、「生涯スポーツ」として注目されています。一度はやってみたいと思っても、道具を揃えたり、練習場に行ったりと、ハードルが高そう……と感じている人も多いのでは?

そんな初心者の悩みを、「そんなことはありません! 大丈夫です!」と明るく笑い飛ばしてくれるのが、ゴルフインストラクターでゴルフYouTuberとしても活躍するもちけんさん。

わかりやすい教え方で人気のもちけんさんのレッスン方法や、初心者はどんなことから始めればいいのかなど、ゴルフを始めたいと思っている方々へのアドバイスをいただきました。

▼プロフィール

もちけんさん

地元・群馬県を拠点に活動するゴルフインストラクター。「もちけんリアルチャンネル」を運営するゴルフYouTuber。ゴルフ好きの父の影響で5歳からゴルフを始める。好きが高じて父が始めたという実家のゴルフ練習場「ドリームガーデン伊勢崎」所属。「明るく、楽しく!」をモットーに、わかりやすいレッスンに定評がある。ゴルフ歴27年。ベストスコア67。

YouTube もちけんリアルチャンネル
Instagram @mochiken_golf

ゴルフ嫌いなゴルフインストラクター

——お父さんの影響で5歳からゴルフを始められたそうですね。

もちけん:父親がゴルフ好きだったので練習場について行ってたんですけど、まわりでチョロチョロするのは危ないから、「じゃあとなりで打ってて」みたいな感じで始めました。でも、私はゴルフがずっと嫌いだったんですよ(笑)。

——そうなんですか!?

もちけん:そうなんです。「好きな人いるのかな?」と疑ってしまうくらい、ゴルフが嫌いで(笑)。

——それでも続けてきたのは、どこかで好きに変わったからですか?

もちけん:好きに……変わってなくて(笑)。好きというよりも、今は人付き合いのツールとしてとても大切です。ゴルフでつながった友達と久しぶりに会いたいねという話になると、「お茶しようよ」の感覚で「ゴルフ行こうよ」になるんですよね。

——現在はゴルフインストラクターとして活躍されていますが、嫌いなゴルフを仕事にしようと思ったのはどうしてですか?

もちけん:なりたいものの一つに、ゴルフの先生はずっとあったんです。ただ、「プロゴルファーにならなければいけない」という使命感が強すぎたんですよね。プロテストを10回受けて10回落ちて、2年間ゴルフ界から消えて、レッスン1本でやってみようとインストラクターになったらハマりました。今はめちゃめちゃ充実してます! 現役でやっていたときよりも熱心です(笑)。目に見えて上達していく方を見ると、すごく嬉しいですね。もちろん生徒さん自身が頑張ったからで、私はほんの少しのアドバイスしかしていないんですけど。

初心者にこそコースの楽しさを知って欲しい

——初心者の方にはまずどんなアドバイスをされるのでしょうか?

もちけん:やっぱりボールに当たると「楽しい」と思ってもらえるので、クラブがどう当てればボールが飛んでいくかの原理をお話してから、まずはフォームを意識せずにボールに当てることを目的に打ってもらいます。

クラブを振ることを意識すると、みなさん最初は横に振っちゃうんですよ。腕を横に振ると、ボールは下にあるのでまず当たりません。ゴルフのスウィングは最下点にボールがあればいいというお話をして、とりあえずクラブを上から落とすように当てる。クラブを上にあげて、下に落とす感覚で振るとボールに当たるので、みなさん「すごーい!」と喜んでくださいます。

あとは、雑談も大切です。どうしてゴルフを始めたのか、どこに住んでいるのか、どのくらいまで上達したいのかなど、めっちゃ聞きます(笑)。生徒さんを知ることによって、その人に合ったレッスンプランが決められるんです。

——まずは当てる喜びを知ってから、フォームを意識するんですね。

もちけん:そうです。人によって成長スピードは違いますが、当たるようになったら早い人は2回目のレッスンからフォームを意識して打ってもらうこともあります。ただ、あまり早く進むと雑になってフォームが崩れてしまうので、見極めながら進めてはいます。

——コースに出るのはどのくらい上達してからなんでしょうか?

もちけん:コースって上手くなってからじゃないと行けないと思うじゃないですか。実は違うんですよ。私は「ハーフラウンドレッスン」というコースレッスンをやっていて、ゴルフクラブを握ったことのない初心者の方も、「コースレッスンに行きましょう」と、すぐにコースに誘っています。ゴルフはコースを回って初めてゴルフなんだということを、まずは感じて欲しいんです。

ただ、普通に回るわけではなくて、ハーフラウンドレッスンはコースでの練習をメインに進めます。最初からティーグラウンドには立たずに、芝生の上で打てるように指導するんです。練習場しか知らない方は芝の上に立つのも打つのも初めてなので、練習場みたいには当たりません。練習場で当たるのは普通のことで、コースで当たって初めてゴルフなんだというお話はよくしますね。コースは景色もキレイですし、季節も感じてもらえるので、よりゴルフを楽しんでもらえるのではないかなと思っています。

青空のゴルフ場

——ゴルフはアウトドアスポーツですからね。

もちけん:道具一式レンタルもできますから、キャンプ場やスキーのゲレンデに行くような感覚で気軽にゴルフ場に足を運んで欲しいです。私のコースレッスンはスキー教室を参考にしていて、誰でも来られるように料金設定をリーズナブルにしています。

もちけんさんのキャディーバック

——レッスンに来られるのはどのような方が多いですか?

もちけん:もちろん県内の群馬の方もいますが、都内や千葉、埼玉、神奈川の方も多いです。3、4カ月に1度のペースで神戸から来てくださっている女性もいて、本当にありがたいです。

——女性の割合が多いですか?

もちけん:男性、女性、半々です。ゴルフはおじさんのスポーツというイメージがまだあるかもしれませんが、コロナが始まってから女性が増えてきているのを感じます。やっぱり家で過ごす時間が増えてフラストレーションが溜まるので、みなさん外に出て何かしたいんでしょうね。ゴルフで思いっきりボールを打つのは、ストレス発散になると思います(笑)。

ゴルフは世界を広げてくれるコミュニケーションツール

——ゴルフは「生涯スポーツ」としても注目されていますが、ご高齢の方も多いですか?

もちけん:多いです。私の生徒さんには70歳くらいの方もいます。周りには80歳でも元気にプレイされている方もいますし。ご夫婦で始められる方も多いです。「定年退職して暇になっちゃったから何かやりたいんだよ」みたいな感じで。でもたまに、ご夫婦でケンカになっちゃう方もいらっしゃって(笑)。旦那さんに「下手くそ」と言われて、悔しくて1人で練習している奥様もいます。

——もちけんさんご自身も、ゴルフは生涯楽しめるスポーツだと思いますか?

もちけん:思います!私は未婚ですが、将来結婚した人がゴルフをやっていたら一緒にやりたいです。

——ゴルフは身体のどの部分が鍛えられるのでしょうか?

もちけん:全身を使うので総合的に鍛えられますが、特に背筋と下半身が強化されると思います。あとは体幹。ある程度重いクラブを振り回すので、体幹がしっかりしていないと振り回されて当たらなくなっちゃうんです。しっかりと体幹を鍛えることは、どのスポーツよりも必要だと思います。

クラブを使って背筋のストレッチ

——始める前に何か準備をしておいたほうがいいことはありますか?

もちけん:まずはストレッチをして肩や股関節、肘の可動域を広げておいて欲しいです。私は最近ヨガを始めたのですが、ヨガもおすすめです。

ゴルフは全身の筋肉を使うので、終わったあとにケアをしないと腰が痛くなるんですよ。片側だけやるスポーツなので身体も偏ります。実際私も、右のお腹がくびれていて、左のお尻は上がっているけど、右のお尻が垂れているという、アンバランスな体型です。それをある程度カバーするためにはヨガで整えたほうがいいかなと思い、オンラインレッスンを始めました。

ちなみに、胸筋や腕の筋肉をつけすぎると腕が回らなくなるので、筋トレは必要ないです。筋トレではなくストレッチで可動域を広げておいてください。

——初心者はゴルフ用具は何から揃えればいいのでしょうか?

もちけん:女性だったらゴルフウェアじゃないでしょうか。コレクター気質のある男性はクラブでもいいと思うのですが、女性には、まずはゴルフウェアを選ぶことをおすすめします。パッと見て「かわいい!」と思えるものを着て欲しいです。最近は女性ゴルファーも増えたので、1万円以下で買える安いウェアも多いんですよ。

私がよく見るサイトは、「キスオンザグリーン」とか「クアルトユナイテッド」とか、ゴルフ界のZARAとも言われている「ACEANDRARE-エースアンドレア」とかですかね。安くてかわいいウェアがたくさんあって、嬉しいです。もちろんべらぼうに高いものもありますけど(笑)。

かわいいセットアップのゴルフウェア

ぶっちゃけ、クラブは後でもいいと思います。私もつい最近までクラブには興味がなかったですし。最近は、レッスンをやる立場としてある程度はわかっていないといけないと思い、勉強を始めました。生徒さんにどのクラブがいいか聞かれたときには、提案もしたいですし。ゴルフクラブの世界はとても深くてわからないことが多いです。角度とか速さとか、本当に難しい!

「もちけん」のお名前が印字されているゴルフボール

——ゴルフはどんな方に向いているのでしょうか?

もちけん:身体を動かすのが好きな方はもちろん、アウトドア好きの方も向いてると思います。あとは、ゴルフ婚活したい方にも(笑)。最近、私のレッスンで結婚したカップルがいて、すごく嬉しかったんです。いつか「ゴルコン」を主催したいです(笑)。

——ゴルフが好きな人同士だったら近づくのも早いからいいですよね。婚活だけでなく、友達もできて自分の世界が広がりそうですね。

もちけん:間違いなく広がります。ゴルフ場では役職も何も関係なくなるので、ゴルフはコミュニケーションツールとして最適なんですよ。私の周りにはゴルフをしていなければ、出会えなかった方たちがたくさんいます。

——YouTubeを始めたきっかけを教えてください。

もちけん:インストラクターの宣伝活動のために始めました。私はそれまでは便乗型で、ゴルフYouTuberさんの動画に出させてもらっていたんです。それである程度、SNSやYouTubeで顔が知られるようになってきて、「チャンネルないの?」と言われるようになってきたので、「じゃあやるか」みたいな感じです。

いやー大変ですね。YouTubeは根気がないと続きません。ただ、自分のチャンネルだと、自分をさらけ出せるのでそこはいいかなと(笑)。私は結構下品な言葉使うことが多いので、ゲストで出ているチャンネルだと「使えないよ」と言われるんです(笑)。自分のチャンネルでは自分を隠さなくていいので楽しいです。せっかく始めたので、これからさらに登録者数も伸ばしていきたいです。チャンネル登録よろしくお願いします!

——初心者の方に見てほしい動画があれば教えてください。

もちけん:視聴者さんの反響で大きかったのは、13万回再生の動画で、「ハーフランドを36で上がれる方法」ですね。これを見ていただければ誰でもできるので、自分は下手だから……と思っている方でも、動画で教えている考え方を持って回れば今のスコアよりも良くなります! ぜひ動画を見て実践してください!

ハーフ36パープレーで上がる方法全て教えちゃいます

やってみたいと思ったら、形から入ってもOK!

——これからゴルフを始めたいと思っている方メッセージをお願いします。

もちけん:始めようと思っていてもなかなか一歩が踏み出せない方は、まずはゴルフショップに行ってください。いいクラブやウェアを見てモチベーションがあがったら、ぜひ形から入って欲しいので、まずはショップに行きましょう!

あとは、旅行先によくあるパターゴルフをやってみて欲しいです。ゴルフに触れられる機会にぜひ試してみてください。うちの近くのラウンドワンにもパターゴルフがあります! 最近ではInstagramのゴルフ女子も増えているので、投稿を見て情報を収集していただいてもいいと思いますし、友達と一緒に始めるのもいいと思います。友達がいないというのであれば、ぜひ私のイベントに来てください。ご縁をつなぎますので!

やっぱり自分で動かないと、機会は訪れないと思うんです。私もずっとヨガを始めたいと思いつつ、面倒くさいが勝っていたのですが、とりあえずヨガのアプリを買って、無理矢理始めました。自分なりの一歩でいいので、ほんの少し行動に移してみてください。

——改めて、もちけんさんがゴルフを続けてこられた理由を教えてください。

もちけん:半分は仕事で、半分はゴルフ人口を増やしたいという使命感ですかね。先ほども言いましたけど、ゴルフをやっていなかったら会えなかった人がたくさんいるので、私の世界を広げてくれたゴルフには感謝しているんです。だからこそゴルフの楽しさをみなさんと共有したい。SNSをやっている理由も、「これいいよ、あれいいよ」とみなさんと共有したいからです。

私はずっとゴルフが嫌いで、「こうすれば楽しいんじゃないか」と考えながら二十何年間ゴルフを続けてきたので、楽しみ方はわかっているつもりです。ゴルフは生涯スポーツとも言われていて、幅広い世代の人たちと垣根なく楽しめるスポーツです。いろいろな人とつながれますので、ぜひ一度やってみてください!

まとめ:まずは自分なりの第一歩を踏み出そう!

はじける笑顔が印象的で、終始明るくゴルフの魅力を教えてくれたもちけんさん。「将来はゴルフの名試合を流すゴルフバーをやってみたい」という夢もあるのだとか。

「明るく、楽しく!」がモットーのもちけんさんのレッスンを経験したら、ゴルフが好きになること間違いなし! YouTubeのアドバイスもとてもわかりやすいので、まずは動画を見てゴルフの魅力を感じてみるのもおすすめです。

もちけんさんも言っていたように、「ゴルフをやってみたい」と思ったら、まずは自分なりの第一歩を踏み出してみてくださいね。

文/石本真樹
写真/岩田えり
編集/株式会社LIG

ふわっと。編集部のおすすめ記事