「日本一親しみやすいモデル」石井亜美さんことあみしぃに聞く! 宅トレを続けて毎日をハッピーに過ごすための方法

コロナ禍で家にいる時間が長くなり、運動不足解消のための「宅トレ」が人気です。そのときに役に立つのが、トレーニング方法を伝授してくれるYouTube動画。中でも、短時間で簡単に、毎日続けられる「あみしぃ」こと石井亜美さんのストレッチやマッサージの動画がおすすめです。「日本一親しみやすいモデル」というキャッチフレーズのとおり、「ハロー!あみです!」とはじける笑顔で始まる動画は親しみやすさ抜群。解説もとてもわかりやすいので、言葉がスッと頭に入ってきます。

今回は、あみしぃご本人に「日本一親しみやすいモデル」の誕生秘話や、体型維持や健康のために毎日続けていること、常にハッピーでいるために心がけていることなど、さまざまなお話を聞いてきました。これを読めば、あみしぃの笑顔の秘密がわかります。

▼プロフィール

石井亜美/あみしぃ

モデル。1989年東京都生まれ。愛称「あみしぃ」。「日本一親しみやすいモデル」「ハッピーダイエッター」をキャッチフレーズに、メイク・ファッション・ダイエット・エクササイズなど、日常ですぐ活かせるような「ためになる!ハッピーになる」情報を発信するYouTuberとしても活躍中。チャンネル登録者数は50万人超え。著書『日本一親しみやすいモデルが教える 太らない体のつくり方』(KADOKAWA)が発売中。

YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/c/Ami%E7%9F%B3%E4%BA%95%E4%BA%9C%E7%BE%8EIshii

公式ブログ:http://lineblog.me/ishiiami/
Twitter:https://twitter.com/Ami_Ishii
Instagram:http://instagram.com/ami_ishii_/

きっかけは小学5年生のときに見たファッション雑誌

——「日本一親しみやすいモデル」として広く活躍されているあみしぃさんが、モデルに憧れたきっかけを教えてください。

石井亜美(以下、あみしぃ):小学5年生のときに、遊びに行った友達の家で初めてティーン向けのファッション雑誌を見て衝撃が走ったんです。同世代の子が可愛いお洋服を着て、全力の笑顔で写っているその姿が輝いて見えて、「私もこの世界に入りたい」と思いました。そこからずっと「モデルになりたい」と願い続けていました。

ただ、中学のときに一度、母に『Seventeen』という雑誌のオーディションを受けたいと言ったのですが、その時は反対されて。「芸能やモデルのような活動は、高校を卒業するまで待ってほしい」と。なので、高校卒業したタイミングで、「もういいよね!?」と思いながらやスタートした感じです。母が反対してくれたからこそ、私の中で「モデルになりたい」という思いの火がずっと燃え続けたのかなと思うんです。

——すぐに叶わなかったからこそ、夢として心にとどまっていたんですね。モデルになるために何かしたことはありましたか?

あみしぃ:10代だったので買える数は限られていますが、「モデルになるぞ!」と思ってからはいろいろな雑誌を隅から隅まで読み、憧れのモデルさんをスクラップしていました。

体型に関しては、小学校3年生の頃からクラシックバレエを続けていたこともあり、体型を意識せざるを得ない環境下で10代を過ごしてきたので、自然にモデルになるための準備はできていたのかなと思います。バレエ教室の先生からは、体型をキープすることはもちろん、「日焼けはあまりしないでね」と言われていたので、日焼け対策や体型を維持する意識は自然と身についていた感じです。

過酷なダイエットの結果、7kgリバウンド!

——痩せ型だったあみしぃさんですが、事務所のオーディション受けるときに過酷なダイエットをされたとか?

あみしぃ:若いからこその、成長段階の丸みがあったので、少し痩せたほうがいいのかなと。今思うとそこまで太っていないのですが、当時は華奢でほっそりしたモデルさんが活躍されていた時代だったのもあり、自分が太っているように感じてしまったんです。とにかくモデルさんの華奢で細い体型に憧れていました。今でこそプラスサイズモデルという言葉が浸透して多くの方が活躍されていますが、当時はとにかくモデルさんは「華奢で痩せているもの」という考え方でしたから。

——そして、現在も所属されている事務所のモデルオーディションに合格されたわけですが、過酷なダイエットがたたって、7kgリバウンドしてしまったそうですね。

あみしぃ:そうなんです。反動でとにかく食べまくってしまって……。7kg太った身体でオーディションに行っても、「なんか写真と違うよね?」と言われ、グサグサと傷つきました。自分が悪いんですけどね。クラッシックバレエをやっていたのでそれまで一度もダイエットをしたことがなく、どちらかというとガリガリと言われることが悩みだったのに。だから、痩せすぎの悩みも、太ってしまったことの悩みも両方経験できたというか。両方の気持ちがわかるのは、そのときの経験があったからだなと。モデルになりたいと思うがあまり、激しい食事制限をするつらいダイエットをしてリバウンドしたので、失敗しておいて良かったというか、無理なダイエットがいかに心や身体に負担をかけるかということを、経験から学べて良かったと思います。

——どんなダイエット方法で体重を落としたのですか?

あみしぃ:「朝バナナダイエット」とか、当時流行っていたものは一通りやりました。でも、食事を制限すると続かなかったので、途中からは心と身体のためにも「健康的にダイエットをする」という意識に変わっていきました。

そのときに試してみたのが、当時流行りだしていた「レコーディングダイエット」です。自分が1日に食べたものをひたすら記録していくという方法で、続けていくうちに「私はこんなに無駄なものを食べていたんだ」と気がつくんです。そこからだんだんと、バランスのいい食事をベースにすることが一番大事なんだということを学んでいきました。

——やはり自分が食べている食事をきちんと把握することが大事なんですね。

あみしぃ:そう思います。一口でも食べたら記録しないといけないので、「記録するのが面倒だから食べるのをやめておこう」という気持ちにもなりました(笑)。

7kgダイエット成功の裏側&方法〜私はこうして痩せました〜

——YouTubeなどを拝見していると、「日本一親しみやすいモデル」というキャッチフレーズそのままのお人柄だなと思うのですが、このキャッチフレーズにはどのような思いが込められているのでしょうか?

あみしぃ:モデルのオーディションでビジュアルの整った「ザ・モデル」みたいな子たちと戦うときに、私の武器は「親しみやすさ」しかないなと思ったんです。合格したオーディションのほとんどが30分くらいしゃべらせてくれたオーディションで、ビジュアルだけの審査はことごとく落とされたので、私の武器はそこじゃないんだと気づきました。他のモデルさんたちと差別化して勝つためには、「親しみやすさ」をアピールするしかないと思い、自分で「日本一親しみやすいモデル」というキャッチフレーズをつけたんです。

YouTubeを始めてからは「あみしぃ」という愛称で呼んでいただくことが多いのですが、これも自分でつけました(笑)。何か呼び名があったほうが親しみやすさをさらに持ってもらえるかなと思ったんです。

スラット伸びた健康的な足が美しい! 

——ご自身を分析されて、経験をしっかり活かされているんですね。

あみしぃ:オーディションは自分をふるいにかけられる場所ですし、撮影では自分を客観的に見る機会も多いので、自分の良いところも悪いところをもすべてわかっておかないといけないんですよね。オーディションに行くたびに第三者目線で自分を見ざるを得ないというか、落ちたときには「私の何がダメだったんだろう」と考えなければ次に活かせないので、「自分とは……」と考えるのが日常になっていきました。ただ、ネガティブな感じではなく、向上心を持って自分をどう活かすかを日々模索していったという感じです。オーディションのおかげでメンタルは鍛えあげられました(笑)。でも、「絶対に自分は好きなことで生きていくぞ」ということだけは決めてモデルのお仕事を始めたので、その思いだけを胸に前に進んでいた感じです。

ブログに飽きて「次は動画だ!」とYouTuberに

——モデル活動の傍ら2014年頃からYouTubeを始められるわけですが、どんなことがきっかけだったのですか?

あみしぃ:中学2年生のときからブログを始めて、何かしらの形でずっと発信し続けていたので、ブログが流行り始めたころにはすでにブログに飽きていて(笑)。もっと伝えやすいツールがあるんじゃないかと探していて、「次は動画だ!」と思って始めました。

——最近のYouTubeブームを考えると先見の明がありますよね。そして、中学2年生からブログをやられていたとは驚きです。

あみしぃ:日常に起こったことを顔も名前も出さずに毎日書いていて、高校生くらいのときにはランキング上位に入るようになり、ネット上のファンの方とのやりとりをさせてもらっていました。ネットリテラシーなどはその頃から地道に学んだ感じです(笑)。

——ブログもそうですが、YouTubeも更新を続けていくことがなかなか大変な部分があると思うのですが、続けるモチベーションになっているのはどんなことですか?

あみしぃ:もともとパソコンをずっといじっているタイプで、編集の作業自体がすごく好きなんです。だからあまり苦にならないというか。あとは、YouTubeはコメントや高評価ボタンで投稿したらすぐ結果がわかる。見てくださるみなさんの反応やリアクションがあるから続けられている感じです。もちろん、「やっちまったな」という失敗はこれまでにもありますが、それはトライアンドエラーとして反省を次に活かせればいいかなと。

——地道に更新されていたYouTubeが、コロナ禍でお家トレーニングが注目を集めたこともあり、一気に登録者数も増えたのではないでしょうか?

あみしぃ:そうですね。コロナ禍で2018年、2019年にアップしていたストレッチ動画などを多くのみなさんが見てくださって、「こんな人がいたんだ」と気づいてくださったところはあると思います。

しなやかな体を作る毎日の9分間ストレッチ【柔軟性を高めて代謝UP】

——反響の大きさはどのように感じていらっしゃいますか?

あみしぃ:街で声をかけてくださる方が増えました。あとは、今まではオーディションでことごとく落とされ続けて、仕事を一つ手に入れるのもやっとだったのですが、今はクライアントさんがYouTubeのファンでいてくださり、お声がけいただけることも増えてきました。本当に夢のような……ありがとうございます!という気持ちです。

ストレッチは小学3年生から続ける毎日の日課

——あみしぃさんの動画は解説もそうですけど、構成も本当にわかりやすいですよね。たとえば、回転数の多い「小顔マッサージ」など、見ながら一緒にやれるのがありがたいです。

あみしぃ:一緒にやれることは意識して作っています。動画の作り方は完全に独学で、ストレッチやマッサージの方法は、バレエの他に、大学がパフォーミングアーツ学科だったこともあり、ダンスや身体表現、お芝居などの授業で学んだ知識をご紹介しています。これまで専門的に身体について学んだことはなかったのですが、今はピラティスのインストラクターの資格を取る勉強を始めて、がっつり筋肉と向き合っているんです! 今後、ピラティスも動画に活かせたらと思っています。

ピラティスは、もともとが肩こりや腰痛がひどくて、足もむくみやすかったので、自分の不調を改善するために始めました。肩こりや腰痛、足のむくみは悩んでいる方は多いので、結果的に動画に活かせたかなという感じです。

【顔痩せ】毎日の6分間小顔マッサージ【ダイエット】

——動画でも、常に「自分のためにやっている」ということをおっしゃっていますよね。それが見ている人にとっても「自分ごとのように響く」理由なのかなと思います。

あみしぃ:それぞれ生活環境が違うので一概には言えませんが、食べすぎてしまったときの罪悪感や、体型維持に関する悩みは誰にもありますよね。それから、メンタル面で自分のことが好きになれないとか、そういう方も結構多いのかなと。私自身の悩みを解決した方法を共有することで、見ている方に元気になってもらいたい。見ていただいた結果、前向きになっていただけたらいいなと思っています。

まずは自分を満たすことを常に意識していて、そのために心がけているのは、自分が機嫌良く過ごすために、ちょっとした選択も、「どっちでもいい」ではなく、「これがいい」と選ぶようにしています。「どっちでもいい」だと自分がぶれてしまう気がするんです。

身体のことも食のことも細かく知りたいオタク気質

——常にためになる動画を出し続けているあみしぃさんですが、どのように情報収集をされているのですか?

あみしぃ:ひたすらいろいろな本を読んで情報収集しています。他の方の動画はあまりみないようにしていて、本や雑誌などの紙媒体からの知識が多いです。だから2020年に自分の本を出せたことが本当に嬉しくて。それを目標に生きていたので、続けてきてよかったなと思いました。

——他に良かったことはありますか?

あみしぃ:モデルさんは身につけた洋服などの商品を売ることが仕事じゃないですか。私が着たものやおすすめしたものを買ってくださった方に、「本当に買って良かったです」や、「亜美さんのおすすめは間違いない」というコメントをファンの方からいただく瞬間は本当にやっていて良かったなと思います。

——美容に関する本をたくさん読まれていらっしゃいますが、最近影響を受けた本はありますか?

あみしぃ:冨永愛さんの『美の法則』(ダイヤモンド社)と、最近の本ではないのですが、今の事務所に入ったきっかけでもある、モデルのSHIHOさんの『SHIHO's Beauty Theory』(SDP)はおすすめです。美の世界でプロフェッショナルな活躍をされている人の本を読むのが好きです。

——客観的に自分を見て、体型をキープするために続けてきたことはありますか?

あみしぃ:バレエを始めた小学3年生の頃からストレッチは続けています。それはもう習慣になっていますね。少しでもいいから、とにかく続けることが大事なのかなと思います。ただ、続けることってなかなかむずかしいですよね。私は、自分自身がモデルさんに憧れ過ぎて大人になったので、モデルさんへの憧れがずっと心に根付いているんです。「自分の理想のモデル像になりたい」と永遠に思い続けて生きているので、何か目標を作って行動することは大切だなと思います。

あとは、最近続けていることは、朝起きたら必ず、窓を開けて朝の太陽の光を浴びるのと、白湯を一杯飲む。一日の中で一回は必ず火の通ってない食べ物を口に入れるようにしているので、朝の一口目はフルーツにするようにしています。それは何があろうともやっていることですね。生の酵素を取り入れたほうが排出されやすくなって、すべての身体の循環が良くなるので、それだけは続けています。

食べることが本当に好きなので、何かを食べるときに、野菜や果物などの食材がどんなことに効くのかをつい調べてしまうんです。知ってから食べると効果が増す気がするじゃないですか(笑)。

モデルあみしぃの太らないコツが詰まった3日間の食事//What I eat in a day! #8

——自分の身体に入れるものをきちんと調べているんですね。

あみしぃ:もともとオタク気質なので、すべてを事細かに知りたくなっちゃうんです(笑)。

透き通るような白い肌が印象的

——これからあみしぃさんのチャンネルを見るという方はどの動画から見たらいいですか?

あみしぃ:ストレッチから入り、気になる部分のマッサージを順に見ていただけたらなと。そこから、「人生楽しく生きる」というところまで私はご提案したいので、まずはトップ画面にある人気コンテンツから入っていただいて、気が向いたらVlogや日常の動画も見ていただき、「こんなに楽しむことに貪欲に生きていいんだ」と思っていただけたら幸いです(笑)。

しなやかな体を作る毎日の11分間ストレッチ【代謝を上げて痩せ体質に】

【脚やせ】太ももを細くするマッサージ方法【簡単】

——Vlogなどでは多趣味な石井さんの一面も見られますよね。

あみしぃ:私はもう好きなもの、依存しているものがたくさんあり過ぎるので、それぞれに依存し過ぎないんですよ。一つだと崩れたときに怖いけど、好きなことがいっぱいあると、これがダメなら次に行こうとなれるかなと(笑)。

【VLOG】雨の日の東京を満喫する私の休日【友達と青山ランチ、セレクトショップ巡り】

心の余裕をキープして「自由」に生きていきたい

——今、一番夢中になっていることはなんですか?

あみしぃ:宝塚です! 宝塚のためならどんな予定もこじ開けて舞台を観に行きます。まだ本場、宝塚市の宝塚大劇場には行ったことがないので、いずれ行くつもりです。

——あみしぃさんが目指す理想の生活について教えてください。

あみしぃ:前提として、「自由な生活」が理想です。自由がないと心に負担を感じるタイプなので、好きなものを犠牲にしてまで仕事をしたくないなって。自分の好きなことや人、行きたい場所に行く時間、心の余裕はキープしたまま生きていきたいです。だから今、理想的な生活ができている気はしています。

——今後はどんな活動をされたいですか?

あみしぃ:やりたいことは叶えてこられているので、今応援してくださっている方を大切にしながら、目の前のことを着実にやっていきたいと思っています。今はより、一人ひとりミニマムな推しがたくさんいる時代になっていると思うので、私を推してくださる方に楽しんでいただけたら嬉しいです!

——自分を変えたいと思いつつも、ダイエットがなかなか続かないとか、つい食べちゃうとか悩んでいる方は多いと思います。そんな方たちにメッセージをお願いします。

あみしぃ:私の動画を見てまねしようと思ってくださる方は多いのですが、ストレッチのポーズひとつ取っても、すべてが同じにならなくていいと思うんです。人それぞれのペースや得意な分野があると思うので、無理なく「このぐらいまでだったら楽しんでできる」というところまでやるのでいいと思うんですよね。無理せず、楽しく気持ちよく生きることにフォーカスして欲しいです。

あとは、気分が落ち込んでいるときは何かと比べていることが多いので、人と比べずに「自分には何ができるか」を考えてみてほしいな、と。人の良いところを探せるのであれば、自分のいいところも絶対に探せると思うので、自分の中のポジティブ探しをして、一緒に生きていきましょう!

まとめ:あみしぃと一緒にハッピーにキレイになろう!

見た人からは「使える」「続けられる」と評判のストレッチやマッサージ動画。ファッションやメイクに関する知識も深く、「あみしぃのおすすめに間違いなし!」と視聴者からも厚く支持されています。自然体で気さくなトークも面白いので、あみしぃへの質問コーナーなどの動画もおすすめです。まずはチャンネル登録をしてザッピングしてみてください。ハッピーのおすそわけをもらえる上に、キレイになれるので一石二鳥ですよ。

少し身体がなまっているな……と思ってもパーソナルトレーニングやスポーツジムはハードルが高いと感じる方は、まずはYouTube動画とともにトレーニングを始めてみてはいかがでしょうか? この記事がみなさんの「宅トレ」をはじめるきっかけになれば幸いです。

文/石本真樹
写真/森﨑一寿美
編集/株式会社LIG

ふわっと。編集部のおすすめ記事